移動販売の保健所許可と資格の全行程|設備・申請のすべてを教えます

移動販売を開業する際、許可が必要になることはすでにご存じかと思います。

 

ですが、どこに・何を・どんな順番で・どうやって申請すればいいのかについてはいかがですか?

 

移動販売の開業について相談できずに困っていらっしゃいませんか?

 

そんな方のために、移動販売の許可と申請の具体的な方法について、徹底解説していきたいと思います。

 

尚この記事の内容は移動販売車内で調理し、お客様に提供したいとお考えの方向けです。

 

移動販売車で焼き菓子・パン等、調理済みの食べ物を売りたいとお考えの方は、営業許可証のある施設(店舗等の建物・製造所・工房)を構える必要がありますので、こちらの記事↓を参考になさってください。

 

参照:5分で分かる!お菓子の販売に必要にな「許可」を取得する方法

 

この記事の目次

移動販売の開業に必要な「許可」2

①食品衛生責任者証

キッチンカー開業に必要な許可としてまず一つ目に必要なのは「食品衛生責任者証」です。

 

食品衛生責任者証は、多くの人に食べのものを提供してもよいと許可を受けた証しとして発行される許可証で、「人」に付与される許可として必ず必要となります。

 

人に付与する許可ですので、既に下記の資格を持っていらっしゃる場合、この許可証は免除されます。

・栄養士
・調理師
・製菓衛生師
・と畜場法に規定する衛生管理責任者
・と畜場法に規定する作業衛生責任者
・食鳥処理衛生管理者
・船舶料理士
・食品衛生管理者、もしくは食品衛生監視員となることができる資格を有する者

 

出典:東京都保健福祉局

 

またこの責任者証は、その移動販売車の中で誰か一人が取得していればOKな許可証です。

 

例えばご夫婦で開業される場合はどちらか一人が取得されていればOKですし、オーナー自身が責任者証を持っていれば、家族やその他のバイトさんが取得する必要はありません。

参照:移動販売の許可に必要な資格「食品衛生責任者証」について

 

②営業許可証

先に紹介した「食品衛生責任者証」がに対する許可なのに対して、製造する場所に対する許可が「営業許可証」です。

 

多くの人に食べ物を提供する設備として保健所が許可した施設(=キッチンカー)で製造されたもののみ、販売が可能となります。

 

それでは具体的に営業許可証とはどのようなものなのか。どんな許可を取得すれば販売ができるようになるのかについて、次の開設をご覧ください。

営業許可証の種類とは?

ではまず、どんな営業許可証があるのかざっとご紹介したいと思います。

これ↑は東京都保健福祉局のホームページに掲載されている、自動車で取得できる営業許可の一覧です。

 

どの都道府県でもおおよそこの通りの許可証の種類になっていいますが、いわゆるイベントに出店したり、スーパーの前の空き地で販売する一般的な「移動販売車」の場合は下記の3つの許可証のどれかを取得することになります。

 

具体的な例として、商品別に許可証の内容を表にしてみました。どんな商品がどの許可証に該当するのか、なんとなくご理解いただけるかと思います。

 

 
スイーツ系の商品やパンの販売を希望される場合は2番目の「菓子製造業営業許可証」に該当しますし、ランチ系の食べ物でしたら「飲食店営業許可証」を取得する必要があるんだということです。
 
 
3番目の「喫茶店営業許可証」については、都道府県によって解釈がかなり違うようです。中には移動販売車の許可として発行した前例がない・・・なんてところもあります。
 
 
ですので、基本的には飲食店営業か菓子製造業のどちらかを取得するとお考えいただいて、詳細は各管轄の保健所にご確認ください。
 

営業許可証の取得には手数料が必要

許可証の申請・取得には手数料の支払いが必要です。

 

ご参考までに、京都市と名古屋市の手数料をご紹介しておきますが、手数料も各地域の保健所によって違います。

更に営業許可証は1度取得しても、その有効期間は5年間。つまり5年ごとに更新が必要になるということです

 

保健所から更新するようハガキが届きますので、指示通り手続きをして上記の「更新料」の手数料を再度支払い、許可を延長していくことになりますのでご注意下さい。

営業許可はどこで申請・取得できる?あなたが行くべき保健所の選び方

営業許可証をどこで取得するかについては、あなたが日本全国どこで販売したいのかによって大きく変わってきます。

 

例えば愛知県名古屋市に住所があり、愛知県内での営業をお考えの場合には名古屋市の保健所で許可を申請することになりますね。

 

ですが、名古屋市で取得した営業許可証の有効範囲は愛知県内のみですので、仮に大阪市内でも営業したいとお考えの場合には新たに大阪市内の保健所に出向き、手数料を支払って許可を取り直す必要があります。

 

【兵庫県の営業許可証】

こちらは兵庫県の営業許可証です↑。

営業所の所在地のところに、県下一円(ただし、神戸市、姫路市、尼崎市及び西宮市を除く)と書かれており、販売できる地域が制限されているのがお分かりいただけると思います。

 

因みに、神戸市・姫路市・尼崎市・西宮市でも販売したい場合は、それぞれの市でそれぞれ許可の取り直しが必要になります。

【京都府の営業許可証】

さらにこちらは京都府の営業許可証です。

 

こちらも主たる営業地域のところが、「京都府一円(京都市を除く)」となっています。京都府全域で出店できますが、京都市で販売したい場合には京都市の営業許可を取得してくださいね という意味です。

 

このように、

・出店したい地域が増えるほど、営業許可をそれぞれ取得していく必要がある。

・営業許可を取得するたびに、所定の手数料の支払いが必要。

となり、そのたびに保健所に出向いての手続きが必要になります。

 

一度許可を取得すれば日本全国どこでも営業ができるとお考えの方がいらっしゃるかもしれませんが、それはできませんので、出店・販売地域の計画的な選定は必要になるかと思います。

 

営業許可証の取得は出店地域が広がる度に、自分で保健所に出向いて申請していくものです。

 

みんなそうやって許可を取得しています。できれば車屋さん任せにせずに、自分で保健所に出向いて話を聞き、許可に必要な設備をきちんと理解したうえで移動販売車の製作に踏み切りましょう。

 

営業許可を取得するために必要な条件・設備とは?

先にご説明したように、営業許可証の取得は出店を希望する地域によって申請する保健所が変わります。

 

しかも保健所が変わるだけにとどまらず、営業許可に必要な条件や設備に至るまで各保健所ごとに少しづつ違うのです。

 

その点については納得のいかない部分もありますが^^お役所の仕事なので、言われることを一つづつクリアしていく以外に許可は取得できません。

 

そこで面倒ではありますが、次に解説する12のチェックポイントを元に保健所に問い合わせをして見てください。そこで言われる指示通りに移動販売車内を設計していく必要がありますので、重要なポイントです。

 

丁寧に確認するようにしましょう。それでは保健所で確認すべき12のポイントを一つづつお教えします。

 

保健所に相談に行く前に、ある程度売りたい商品・乗りたい車(キッチンカー)の車種を絞り込んでおいてください。

 

漠然と「移動販売を始めたいんです・・・。」では、保健所の担当者もアドバイスのしようがありません。商品やメニュー、その調理の仕方によって、必要な指導の内容が違ってきますし。

 

完璧に確定していなくてもいいので、おおよその商品と車を選定したうえで相談に行ってくださいね。

キッチンカー開業の手順として、失敗しない進め方を分かりやすく解説していますのでこちらもご参照ください。

 

参照:移動販売の始め方|絶対に失敗しないための12の工程とは?

 

Point1:出店可能なエリアを確認しよう!

 

これは先ほど解説した通りです。取得しようとしている許可証が、その都道府県のどの範囲で有効になるのか確認してください。

 

うっかり無許可営業・・・なんてことにならないように注意しましょうね。

Point2:飲食店営業・菓子製造業、両方取得できるかどうか確認!

両方取得する必要のある方はこれも確認してください。

保健所によっては、どちらか一方しか認められない場合があります。

例えば、ホットドックと回転焼きを販売したいとします。

ホットドックの販売には「飲食店営業」、回転焼きの販売には「菓子製造業」の許可証が必要ですね。

 

この二つの許可証を取得できればいいのですが、保健所によっては

・どちらか一方の許可証しか取得できない

・普通車なら両方取得できるけど、軽自動車では1種類しか取得できない

など制限が設けられている場合があります。

 

希望する商品が販売できるかどうかの大事なポイントですので、必ず確認するようにしましょう。(もともと一つしか取得しない予定の方は無視してOKです。)

Point3:商品の数に制限があるかどうか確認!

許可証の取得制限以外に、販売品目(商品・メニュー)の数に制限がある場合もあるんです。

例えば京都市の場合、軽自動車では同一車種で1種類の販売品目しか認められません。

クレープだけとかお好み焼きだけとか。とにかく品目の数に制限が設けられている場合がありますので、この点も確認してください。

Point4:仕込み場所が必要かどうか確認すること

・「仕込み場所」って何?

・仕込み場所が必要だといわれた時の対処法は・・?

 

など、仕込み場所に関することは全てこちらにて解説しています。必ずお目通しください。

参照:移動販売の許可のための「仕込み場所」とは?

Point5:運転席と販売室との間に間仕切りは必要か

軽バンや普通車のバンなどのボックス型の車は、販売口と運転席の間にもともと仕切りがない物があります。

 

その場合に造作で仕切りを制作する必要がある場合がほとんどです。中には運仕切り無しで、運転席と繋がっていても良いとされる保健所もありますので、バンタイプの車を選ばれる方は一度確認してみましょう。

 

将来的なことを考えて、どこでも許可が取れるように最初から仕切りを取り付けて置くというのも一つのほうほうかとは思いますけどね^^

Point6:シンクの数・計上・大きさ

移動販売のばあい、洗浄用の設備の搭載が必ず必要となります。

 

用途としては、

・手洗い専用に1か所

・調理器具洗浄用に1か所

の合計2つのシンクが必要な場合が多いですが、中にはもう一つシンクを足した合計3つの搭載が必要とされる場合もあります。

 

仕組みとしてはこのような↑シンク回りになるかと思いますが、こんなに大きなシンクをキッチンカーの中に搭載するとなると、かなり無駄にスペースを奪われる形になってしまいます。

 

不必要に大きくするのは、狭い移動販売車の調理設備としては適切ではありません。限られたスペースを有効に活用するためにも、シンクの大きさに規定があるかどうか確認しましょう。

 

その大きさをぎりぎりクリアできるくらいのコンパクトな洗浄設備にされるといいと思いますので、シンク周りを車に合わせて自作されるというのはすごくいい方法だと思います。

Point7:給水タンク・排水タンクの容量

 

これは先に解説したシンクと合わせて使用するものです。現場では水道が確保できない場合が多いため、営業許可証の種類に応じて搭載すべき水の容量が規定されています。

 

搭載義務なしのところから、100Lや200L以上の容量をもとめられるところまでさまざまですが、実際の現場で水を使用しない現地調理はあり得ないはずです。

 

だって調理前には必ず手を洗いますよね?その水を現地で調達できなければ、絶対に自分で用意する以外に方法はないんです。

 

規定がある場合は具体的に何リットル分必要なのかを確認し、規定がない場合は自分で必要な量の水を用意できるようにしましょう。

Point8:冷蔵庫・冷凍庫の搭載義務

販売する商品に関係なく、保冷が必要な食材に合わせて冷蔵庫や冷凍庫の搭載は必須となります。また外から庫内の温度を確認できる必要がありますので、隔測温度計の設置も必要かどうか確認してください。

 

冷蔵庫についてはこちらで詳しく解説しています↓。

Point9:冷蔵庫・冷凍庫を走行中でも稼働させる必要があるのかどうか

これはどういうことかと言いますと、走行中も冷蔵庫を稼働させられる発電システムを車に備える必要があるかどうかの確認をしてほしいという意味です。

 

私の販売している地域では、走行中も冷蔵庫を稼働させるところまでは必要とされていません。

 

もちろん食材がダメになってしまわないように、出発ぎりぎりまで冷凍庫を稼働させておいて、めいいっぱい保冷した状態で電源を切って現地に到着。

 

再び現地で電力を調達して冷蔵庫を再稼働させる方法をとっています。みんなそうやっていますので、自家発電システムを搭載したキッチンカーは見たことがありません。

 

ですが、東京都など特定の地域ではバッテリーやインバーターを利用した自家発電(電力自給)システムの搭載が義務化されているところもあるようです。

 

この場合は、お金がかかってしまいますが、システムを導入するしかないと思います。

 

一方京都市内の営業許可証の取得基準では走行中の保冷までは規定されていませんが、車のエンジンを切った状態でも冷蔵庫を稼働させるために必要な発電システムが必要だと説明を受けました。

 

この場合は「エンジンを切った状態でも発電できる仕組み」があればOKですので、バッテリーを搭載していなくても、発電機で対応することも可能だということです。

発電機やバッテリーは高価なものが多いですので、失敗がないようにこの点も十分に確認するようにしましょう。

Point10:換気扇の設置義務はありますか?

換気扇については設置を義務付けているところは少ないと思います。おそらく「推奨」のレベルではないでしょうか。

 

但し私の経験上、現地調理を前提としたキッチンカーなら絶対に設置をされることをお勧めしています。

 

無いと夏場、死ぬほど暑いですwwちっちゃな換気扇一台ですが、あるのとないのとでは大違い。少し風の流れが生まれるだけで、断然過ごしやすい空間になりますよ。

 

 

Point11:食品や調理器具を保管する容器の設置義務・大きさの規定

販売に必要な食材や調理器具を保管するための収納棚・衣装ケースのような蓋つきの容器が必要とされる場合があります。

 

 

 

Point12:アルコールスプレー・手洗い石鹸・ゴミ箱の設置を忘れずに!

これらはどの保健所でも必須の物品です。ですが、ゴミ箱のサイズなどはもしかすると大きさの規定があるかもしれませんので、この点も確認してみてください。

 

営業を開始されたらこの3つは必ず搭載して清潔な販売を心がけましょう。

Point13:消火器の設置は必須!

消火器については保健所では設置を義務付けていませんし、指導もしてくれないと思います。

 

ですがイベントなどの催し物では、主催者は必ず消防署に届け出をすることになっているはずです。(これも都道府県ごとに多少違うとは思いますが・・。)

 

それにより私達出店者は、主催者側から消火器の設置を求められます。

 

火器を使用しない場合でも、電気調理器具を使用する場合には消火器の設置が必要です。

 

必ず必要になるものですので、必ず1本は搭載するようにしましょう。消火器の選び方についてはこちらで詳しく解説していますので、必ず読んでおいてください。

参照:実は消防署のチェックも厳しかった|移動販売車には消火器の設置が必須!

保健所許可の具体例3つ

私がこれまでリサーチして得られた保健所の規定について、埼玉県・愛知県・京都市の例をご紹介したいと思います。

 

あなたの販売する地域の保健所の規定とは少し違っているかもしれませんが、保健所の規定について具体的にご理解いただけると思いますし、これから許可申請をされる際のイメージがつきやすいかと思いますので是非参考にしてみてください。

 

 

保健所の手続きと手続き当日までの流れ

先にご説明したように、保健所の許可は販売地域を広げるたびに各地の保健所に出向いて許可を取得することになります。

 

許可基準は保健所によって違いますが、「取得の手順」はどの保健所もほぼ同じです。一度経験すれば、そのあとは要領よく手続きができるようになると思いますので、できれば初めての許可取得についてもご自身で行ってみてください。

 

ここでは具体的な許可申請の「流れ」について解説していきます。

 

①保健所で営業許可の取得基準を確認する。

私はもう慣れているので、新しく保健所の許可を取得するときには当該の保健所に電話で許可基準を確認します。

 

但し初めての方は電話では分かりずらい部分があると思いますので、かならず保健所に出向いて直接担当者から説明を受けるようにしてください。

 

その際には、何度も言いますが

・売りたい商品

・車の車種

の二つを大まかでもいいので確定させておくようにしてくださいね。

 

②保健所の許可基準に合う装備を搭載し、車両を完成させる

保健所の説明を一度受けただけで車両の設備を完成させられる場合は、そのまま進めてもらって大丈夫ですが、初めての申請の場合は何度か保健所に足を運ぶ必要があるかもしれません。

 

そのあたりは保健所の担当者さんや車屋さんと相談しながら、必要な設備が整うように話を進めてください。

 

因みに車両内部の設備は、許可申請に必要な書類に「配置図」として記入し、提出する必要があります。キッチンカー内部の隅々まで完成させておくようにしてください。

 

<屋号について>

 

車両にロゴや屋号を入れることも多いので、車両製作の時点で屋号が決まっている方が大半だと思いますが、屋号も保健所の許可申請の際に記入する必要があります。

 

許可申請当日に屋号が決まっていない場合は、ご自身の本名を屋号の代わりに登録することになります。

 

営業許可証にもご自身の名前が屋号の代わりに記載されてしまいますので、後から屋号を決められた場合は「記載事項の変更届」を提出して、屋号を書き換えないといけない・・ハズです。

 

また販売する場所によってコロコロ屋号を変えることも認められていません。

 

できれば許可申請までに屋号を確定させておいて、その屋号で営業許可証の登録ができるように準備しましょう。

 

③許可申請を希望する日を、あらかじめ保健所に連絡!

車両が完成したらいよいよ保健所で許可申請の手続きをしに行きます。

 

保健所によってはあらかじめ予約する必要がある場合もありますので、必ず申請する日を電話で伝えるようにしましょう。

 

許可申請当日は保健所担当者が車両のキッチン部分に乗り込んで写真を取ったり、設備に関してオーナーに質問したりしながら、保健所の基準に合致した作りになっているかどうかのチェックが入ります。

 

アルコールスプレーや消毒薬・ゴミ箱などの備品も搭載されているかどうかも、当然確認されます。

 

必要な装備を忘れた場合は、最悪家に鶏に変える必用も出てきますので、全ての備品が揃っていることを確認しておきましょう。

 

また申請当日、申請手数料の支払い(印紙で支払います。)も必要になります。手数料についてもいくらになるか確認しておくとお金の準備もしやすいですね^^

 

④キッチンカーで保健所にGO!

申請日時に間に合うように、キッチンカーで保健所に向かいます。

当日の持ち物としては、

・認印

・仕込み場所の営業許可証(仕込み場所が必要だといわれた方のみ)

・食品衛生責任者証か、それに代わる資格証明書(すでに取得している人のみ)

・キッチンカーの車庫証明書(必要だといわれた方のみ)

・キッチンカーの車検証

・許可申請の手数料

が挙げられます。

 

記入・提出する申請書類についてですが、書類をあらかじめ取り寄せることもできますし、あらかじめ記入したものを当日提出することも可能です。ですが、いろんな書類があって、書き方もまちまち・・・。

 

失敗無く書く自信がないので、私はいつも現地の保健所に提出してから用紙をもらい、担当者の指導を受けながら記入するようにしていきます。

 

その方が早いですし、丁寧に教えて下さいますのでオススメです。

⑤完成した営業許可証を受け取る

許可申請後、10日から3週間程度で営業許可証が発行され、受け取ることができるようになります。

 

許可証が完成したら保健所から連絡が来ますので、認印を持って許可証の受け取りに行きましょう。

 

このように、申請の日と許可証受け取りの日の2回保健所に行かないといけないので、遠方の場合は本当に大変です。お金もかかります。

 

許可一つ取るにも移動販売の場合は結構大変なので、ちょっとづつ様子を見ながら範囲を拡大していく程度でいいんじゃないかと思いますよ^^

食べ物を売るなら、PL保険も忘れずに!

このように、許可証の取得と販売に向けた準備は煩雑でバタバタしているので、どうしても忘れがちになるのがPL保険

 

あなたはPL保険(賠償保険)の加入について、きちんと検討できているでしょうか?

 

あなたの販売する食品で万が一お客様の健康を害するようなトラブルが発生した場合に備えて、できれば営業開始初日から保険が適応されるように加入されることをお勧めします。

 

私も加入している「安心フード君」は加入者も多く、個人事業主でも加入できる安くて安心な保険です。

 

そこでこちらの記事↓で、安心して飲食業を営むために必要なPL保険とその加入方法について、詳しく解説しています。

 

ご存じない方はかならず読んでおいてくださいね☆

参照:個人飲食店に優しいPL保険「安心フード君」に加入する方法」

 

お金をかけずに開業したい方に

以上がキッチンカーの許可取得に必要な情報の全てです。

 

あとはこの記事を参考に、ご自身でどんどん作業を進めていくだけです。文章にするとこの程度で済みますが、実際に開業に向けて準備を始めるとなると結構大変。

 

何よりお金がかかります。

 

200万円~400万円程度は必要になると思いますが、その開業資金をきちんと用意できていらっしゃるでしょうか?

 

「開業資金を用意できそうにない・・・でも、自分で飲食を販売してみたい!」

 

 

そんな方にお勧めなのが露店販売。テント形式での出店です。

 

許可を取ることができれば、キッチンカーと同じようにいろんな場所で飲食販売が可能となります。

 

そこで次の記事では、どうやったら露店営業の許可を取得できるのか、徹底解説していきたいと思います。是非お目通しくださいっ!!

 

次の記事>>>
屋台・露天商・露店販売の許可と資格を取る方法