キッチンカー・移動販売の試食見学会

ガス・電気・発電機

【キッチンカーで使える電源3種】格安でオススメの発電機とその使用感

キッチンカーと発電機の解説

移動販売で必ず必要になる電源設備。

ですが、これから開業される方の中には実際の現場でどのように使われているか、ご存知ない方もいらっしゃいます。

そこでこの記事では、

  • 移動販売でつかわれる電気機器
  • キッチンカーで電源を確保する方法
  • 移動販売で使えるオススメの発電機

の3点を中心に解説しています。

まず発電機についてですが、結論から申しますとこちら↓の商品がもっともオススメです。

created by Rinker
バイクパーツセンター(Bike Parts Center)
¥68,296
(2019/12/05 17:30:27時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの発電機は、実際にクレープの移動販売でわたしが使用してきたもので、

  • 電気クレープ焼き器(1200W程度)
  • 冷凍庫
  • 照明
  • 換気扇

同時に使用できることを確認済みです。

created by Rinker
メルテック(meltec)
¥3,159
(2019/12/05 17:30:28時点 Amazon調べ-詳細)

また、このような携行缶↑を使って途中で給油すれば、連続使用も可能となります。

この記事では、わたしのこうした実体験を交えながら、実用的につかえる電源確保の方法について詳しくお伝えしますので、ぜひ最後までチェックしてください。

移動販売で使用する電気機器とは?

移動販売で必要な電気機器は、たとえばこんなものです↓。

  • 照明
  • 換気扇
  • 調理器具(IHクッキングヒーター・コーヒーマシン・そのほかの電気調理機器)
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 音響設備 など

これらすべて、販売になくてはならないものばかり。

そこで、キッチンカーではこれらの電源をつぎの3つの方法で確保しています。

移動販売で電源を確保する方法

移動販売では以下の3つの方法で電源を確保しています。

  1. バッテリーで蓄電
  2. 現地でかりる
  3. 発電機をつかう

移動販売の電源は「現地調達」が基本!

移動販売で電源を使用する場合は、現地のコンセントから電気をかりる場合がほとんどです。

たとえば商業施設で出店する場合には、施設の外部電源をかりて出店します。

またイベントやマルシェ・フェスに出店する場合は、主催者が用意した大型の発電機や、会場の建物から電源をかりて出店する。

このように、どんなオーナーでも基本的には現地で調達することを第一に考えています。

その方法が一番簡単で、ラクだからです。

YUKO所長
YUKO所長
電源を現地調達する場合、出店料に電気代が含まれていたり、別途電気代を請求されることもあります。安いところだと500円、高くても2000円くらいまでです。

ですが、すべての出店場所で電源が使えるわけではありません。

その時にそなえて、オーナーの大半は「発電機」を購入しているのです。

  1. 現地調達できる場合は現地でかりる
  2. 無理な場合は発電機をつかう(もしくはバッテリーで蓄電した電源とか)

という風に、出店場所によって電源を使い分けているというのが実情ですね。

発電機を使うデメリット

私も前述の発電機をもっていますが、便利な反面その扱いはけっこう大変です。

できれば発電機は使いたくない・・・というのが率直な思い。

私が発電機を使ってみて感じるデメリットは下記のとおりです。

  1. 本体が重い。燃料を入れるとさらに重く、持ち運びが大変
  2. 使用中の音がうるさい
  3. 使用中にガソリン臭さがひろがる
  4. 本体が大きく、キッチンカーのスペースが狭くなる

わたしが買ったものは、燃料を含めると30Kgを超えます。

重いので、一人でキッチンカーに積み下ろしするのは本当に大変でした。

男性オーナーであれば可能でしょうが、女性一人の出店で発電機を使うのはかなり無理があるかと思います。

また発電機を積むと、

  • キッチンスペースが狭くなる
  • 音がうるさい
  • お客さんや近くのオーナーさんに気を使う

など、私にとっては使い心地の悪いものなので今では使っていません。

YUKO所長
YUKO所長
わざわざ使わなくても何とかやっていけますし、発電機がないと出店できないような場所には出店しないようにしている・・・というのが実情です。

力のある男性なら、購入を考える余地は十分あるかと思いますね。

発電機を使うメリット

発電機を使うメリット①:走行中も冷蔵庫を稼働させられる

キッチンカーの走行中も冷蔵庫・冷凍庫を稼働さるせ目的で購入する人もいます!

出店場所で電源を確保できたとしても、キッチンカーの走行中の電源確保は自家発電する以外に方法がありません。

また、保健所の許可要件として「走行中も保冷設備を稼働させること」が義務付けられている場合もあります。

その際にも、発電機を積んでいることで「発電可能」と判断され、許可が下りることが多いのです。

このように、発電機は移動販売にとって必要不可欠な場面が多々ありますので、購入しておいても損はないでしょう。

created by Rinker
バイクパーツセンター(Bike Parts Center)
¥68,296
(2019/12/05 17:30:27時点 Amazon調べ-詳細)

発電機を使うメリット②:どんな場所でも発電できる!

どんな調理器具でも問題なく使用できる点も、大きな魅力です。

発電機を使うもっとも大きなメリットはこれ。

バッテリーで蓄電するという方法もありますが、安定供給という意味で発電機に勝るものはありません。

だから大半のオーナーが発電機を所有しているんですね。

移動販売でオススメの発電機

created by Rinker
バイクパーツセンター(Bike Parts Center)
¥68,296
(2019/12/05 17:30:27時点 Amazon調べ-詳細)

先ほどからご紹介している、こちら↑の発電機のスペックについてご紹介しておきます。

インバーター発電機 SF2600F 100V2600Wのスペック一覧インバーター発電機 SF2600F 100V2600Wのスペック一覧 出典:楽天市場

 

私がフルで電気を使って販売をする場合、
  1. 電気クレープ焼き器:1200W
  2. 冷凍庫:230W
  3. 照明:10W
  4. 換気扇:60W合計:1500W

このように、合計1500Wの電気を使用します。

2600Wの発電機なら、途中でバッテリーが上がるなどということは当然ありません。

また、7Lの燃料タンクを満タンにした状態では10:00-14:00くらいまでは補給することなく連続使用できました。

それ以降販売を続けたことがないのですが、この機種の連続使用時間は6時間半となっていますね。

created by Rinker
メルテック(meltec)
¥3,159
(2019/12/05 17:30:28時点 Amazon調べ-詳細)

消費電力や販売時間によっては、携行缶↑を使って途中で燃料を補給してください。

  • 1500Wの電源を使っても、調理販売に問題なし!
  • 2600wの高出力なのに、7万円を切る魅力的なお値段!
  • (男性なら)一人で持ち運びできる重さと大きさ!

という、ほかにはない魅力を兼ね備えた発電機。

発電機選びで迷われている方は、こちら↓の商品を選んでおくと失敗がないのでオススメです♪

created by Rinker
バイクパーツセンター(Bike Parts Center)
¥68,296
(2019/12/05 17:30:27時点 Amazon調べ-詳細)