キッチンカー・移動販売の試食見学会

移動販売車・キッチンカーを自作する

【LPガスの契約】プロパンガスを個人で購入・充填する方法

プロパンガス(LPガス)を個人で契約・購入・充てんする方法

プロパンガスを個人で契約する方法が分からず、お困りではないでしょうか?

大丈夫!個人でもLPガスの契約は可能ですし、LPガスボンベやガスホースだけならネット通販でも購入可能です。

この記事はプロパンガスの購入について、

  1. プロパンガスボンベを購入する方法
  2. ガスを充てんする方法
  3. LPガスの料金

の3つのポイントを踏まえて解説していきますので、お困りの方はぜひ参考にしてみてください。

それでは早速解説していきます!

LPガス(プロパンガス)の種類

ガスには「プロパンガス(LPガス)」と「都市ガス」の2つの種類があります。

知らない方もいらっしゃるのですが、ガスには都市ガスとLPガス(プロパンガス)の2種類があります。

このうち、移動販売やキャンプ、露店販売で使われるような持ち運び可能なガスはプロパンガス(LPガス)の方です。

上の写真のように持ち運びできる形状になっていて、ガス容器だけなら個人でもネットで購入可能です。

都市ガスは地下のガス管によって各戸に供給されるガスなので、当然持ち運ぶことはできません。

ご自宅で都市ガスをお使いの場合でも、移動販売でガスを使われる場合は改めてプロパンガスの購入・契約が必要です。

プロパンガス(LPガス)の購入・契約方法

LPガスの購入・契約方法としては、

  1. 契約できるガス会社を探す
  2. ガス会社にボンベを持参し、必要な時に充填してもらう

の2ステップで完了です。

①契約できるガス会社を探す

まずはガスを充てんしてくれるガス会社を探しましょう。

まずは契約できるガス会社を探すことが先決です。

契約できるガス会社とは、「ガスをガスボンベに詰めてくれるガス会社」のこと。

前述した通り、LPガスの容器は通販でも購入可能です。

ですが、中身の「ガス」は充てんしてくれるガス会社を自分で探すしかありません。

すでに自宅用としてLPガスの契約をされている方は、そのガス屋さんで契約できないか確認してみましょう。

②ガスを充填(じゅうてん)してもらう

ガス会社に指示された充填所に容器を持参すれば、充填してもらえます!

契約したガス会社にボンベを持参すれば、その都度充てんしてもらえます。

容器に多少残っている程度でも充填できますので、完全に空になっていなくても大丈夫。

支払う料金も、正味の充填分だけでOKです。




LPガス(プロパンガス)の契約を断られるケースが多発!

ミント所長
ミント所長
ガスの契約を断られるケースが高くなっています!

移動販売のように持ち運ぶことを前提とした使用の場合、ガスの契約を断られるケースが多発しています。

なぜなら、ガスによる事故が発生した場合に備えて、現場に急行できる範囲に限った販売が経産省から推奨されているから。

残念ですが、対策としては、契約先が決まるまでとにかく自分で探しまくるしかないのが現状です。

なお、この件は移動販売やキャンピングカーでの使用に限った話だと思われます。

自宅で使用される方は契約可能だと思いますが、今一度ガス屋さんにご確認ください。

ガスボンベの大きさについて

持ち運ぶことを前提に購入する場合は、5Kg・8Kg・10Kgの中から選ぶことをおすすめします。

ガスボンベは2Kg~50Kgと、いろんな大きさが用意されています。

ですが持ち運びを前提に選ぶなら、5Kg・8Kg・10Kgの中から選ぶのがオススメです。

これ以上大きなものは置く場所に困りますし、重すぎて持ち運びが不便。

逆に5Kg以下のものはすぐにガスが切れてしまって、何度も充てんし直さないといけないので大変です。

ミント所長
ミント所長
大きさを示す「2Kg」というのは充てんできるガスの量のこと。ガスボンベ本体の重さとは関係ありません。

5年毎にガス容器の耐圧検査が必要

私が耐圧検査を受けた時の検査料金は、3280円でした。

LPガスボンベの購入後は、製造年月日から起算して3年もしくは5年ごとに耐圧検査を受ける必要があります。

検査を受けて問題なければ、また同じ期間使用可能。

問題がある場合はその時点で新しい容器を購入するようにと、ガス会社から説明があるはずです。

その指示に従いましょう。




ガスボンベを車に載せる時の注意点

  1. プロパンガスボンベ10Kg2本までなら搭載可能
  2. 10Kg2本以下なら「高圧ガス」の警戒票の貼り付けも不要。それ以上なら車体に掲示が必要。
  3. 40度以上になる環境でボンベを放置しないこと
  4. 立てた状態で保管すること
  5. 火器からできるだけ離れた場所で使用すること

引用:LPガスを車両積載・移動する際の注意点
(http://www.ishikari.pref.hokkaido.lg.jp/ss/srk/lp_move.pdf)

移動販売車に限らず、ガスボンベを車に積む場合には↑のとおり注意が必要です。

法令で定められている決まりなので、必ず守りましょう。

LPガスを二股に分けて使用することはキッチンカーでは禁止?!

さらに、移動販売ではLPガスボンベを二股に分配してガス機器に接続することが禁止されています。

上記のようなガス分配器が販売されていますので、家庭で使用することは可能だと思われますが、商売用で使うキッチンカー内での使用はできません。

ミント所長
ミント所長
消防署に見つかると、必ず指摘を受けるはずです。

LPガスボンベ1本につき、ガス機器は1つしか接続できませんので、この点もご注意ください。

移動販売で使うガスの使用量

【クレープで5Kgのガスボンベを使用した場合】

1回6時間程度の使用で、約4~5回分出店できています。

クレープは弱火で生地を焼きますので、強火で焼くメニューに比べるとガスは減りにくいと思います。

ボンベは5Kgを2本、8Kgを1本所有。

合計3本を順に使用し、2か月に1回程度まとめて充填する感じですね。

どちらにしても商売用としてLPガスを使用するなら、最低2本は購入しておいた方がいいでしょう。

ガスの充てん料金

私が充填しているガス屋さんでは、1Kgあたり540円です。5Kgのガスボンベを満タンにする場合は、2700円の支払いとなります。

ガスの料金は全国一律ではなく、都道府県ごとに異なりますが、住宅で使用するガスのような「基本料金」の支払いは必要ありません。

その都度充てんしたガス量に応じて精算するといった感じです。

まとめ

以上が、ガスを個人で購入する方法となります。

家庭で使用する場合は、特に規制されることなく普通に販売してもらえるかもしれませんので、一度ガス販売店に問い合わせてみてください。

また、お祭りや催事で一時的にガスを使用したいという場合にはガスのレンタルという方法もあります。

「ガス レンタル」で検索するといろいろ出てきますので、こちらも合わせて検討してみてくださいね☆

それでは、また。