移動販売の始め方

月商200万円ってホント?!移動販売で儲かる方法をこっそり教えます

移動販売開業に関するサイトを見てみると、「月商100万円」とか「月商200万円」とか、誰でも大儲けできるかのような収支試算が書かれていてちょっと疑ってしまいます^^

 

月商100万円だったら、頑張れば達成可能な数字だと思います。

ですが、

 

・よほどの人脈がある人でない限り、開業当初にこの数字を出すのは絶対に無理。

・移動販売にも繁忙期と閑散期があるため、1年通して毎月100万円を売り上げるのは無理。

 

です。

月商100万でさえ相当難しい数字なのに、ましてや月商200万円となるとほぼ不可能と言っても過言ではないと思います。

ですが移動販売業をされているほんの一握りの人たちの中には、このくらい売上げている方もいらっしゃるんですね。

今日はそんな移動販売と大儲けのカラクリについて書いてみようと思います。 

キッチンカーで大儲け!?そのからくりとは・・

 

ほとんどの方がそこそこの売り上げで停滞する一方で、それほど多くの売り上げを上げられる人がいる。。。

 

とすれば、その違いは何なのか・・・?

 

私自身も気になってはいたのですが、このサイトを運営するようになって他のサイトを見てみる機会が増えたことでようやくその謎が解けました。

 

月商200万円・・・かどうかは分かりませんが、多額の売り上げを上げている人たちのメインとなる販売先はやはり、「イベント」です。

 

イベント出店の売上げは桁違い!?

おそらく都会で毎年同じ時期に開催されるような大型フェスなどのイベント出店の常連になっている人たちなんだと思います。

 

単独出店では到底販売できないような大量の販売が見込める出店先ですね。

 

大規模なイベントに、同じオーナーさんが何ブースも確保して商品を販売。(勿論、出店料を払って。)

 

オーナー以外は全てバイトさんで賄っているので、そのバイト代や諸経費を差し引いた売上げの大半がオーナーの儲けになるというわけです。

 

一日で数十万、例えば三日連続出店とかだとで100万円を越えるような売上げがあるというのですから、「移動販売=簡単に儲かる」というような話もあながち間違っているとまでは言えませんよね(^^;

 

調理器具などの設備や食材の調達・保冷などの作業も相当な労力を必要とするはず。

 

ですが、それだけのことを全て賄える人員も確保できているということですから、ある意味ではそれ相応の販売力を持った移動販売業者さんだと言えるのかもしれません。

 

先行者優位の法則

また、やはり何を言っても「先行者優位の法則」というのは働いていると思います。

 

先行者優位というのは、要するに「先にやったもの勝ち」ってこと。

 

・その地域で長年移動販売をされている人

・イベントの出店常連者で信頼のおける人

 

であれば、主催者側もわざわざ手間と時間をかけずに「なじみのある人」を優先的に選びたいはずです。

 

私達だってものを買うときに、知らない人から買うより、よく知っているなじみの人から買いたいと思うじゃないですか。

 

結局それと同じなんですよね。。

 

それは長年の付き合いの中で確立された「信頼」と「安心」があってこその話なので、先行者が優位になるのは当然なのです。。

 

最後に

 

移動販売を開業される場合、まずはやはり地道にコツコツ経験や量ね、人脈を広げていくしかないと思います。

 

信頼の実績があれば、月商200万円だって決して夢ではないと思います。ただし、開業した人すべてがそうなるのは難しいということですね。

 

極端に偏った情報に踊らされることが無いように、それだけはご注意くださいね^^(本当にびっくりするような、無責任な内容が書かれているサイトって結構ありますから。)

スポンサードリンク