出店場所を探す

【2018年最新版】移動販売の出店場所を探す方法6つを徹底解説!

 

こんにちは♪@YUKOです!

今日は、出店先を確保する方法について私の経験を交えながら解説していきます。

 

移動販売を成功させるための最重要事項となるのが「出店場所の確保」。移動販売は固定店舗と違い、売る場所に出向いて販売する形式ですので、売る場所が確保できなければ当然廃業に至ります。

 

そんな失敗をしないためにも、開業前の上手な出店場所探しを心がけましょう☆

①既に移動販売車が出店している場所をリサーチする。
②マッチングサイトに登録!
③イベントを探す!
④イベント仲介業者のサイトに登録!
⑤移動販売店オーナーに紹介してもらう!
⑥駐車場や空き地を個人的な出店スペースにする

出店場所を探す方法はこの通り↑全部で6つありますので、一つづつ順番に解説していきますね。

 

①キッチンカーが出店している場所をリサーチする

ご自身で一から新規の場所を開拓していくには、相当な労力が必要となります。移動販売車での販売実績がない段階で闇雲にお願いしても、断られるのが関の山です^^

 

実際に私も移動販売車制作前に、思い当たるところ全てに電話をかけて「移動販売車の受け入れ、されてませんか?」と尋ねて回ったことがあるのですが、それらの場所では全て断られました><

 

ここで一つ分かったことは、「移動販売車がすでに出店している場所」でない限り、基本的には新規で出店地を開拓することは難しい。ということです。

 

地域によって状況は様々だと思いますが、手当たり次第に出店先を探すよりも、効率的で受け入れてもらえる可能性の高い場所に絞って探すのが良いかと思います。

 

インターネットで移動販売の出店情報を検索してみよう!

そのためにはやはり、ネットを使って情報収集するのが手っ取り早いですね。

 

例えば「○○市 移動販売」で検索すると、

・その地域の移動販売店の情報

・移動販売店がお客さん向けに配信している出店のお知らせ

・(お客さん自身が)SNS等で紹介されている移動販売店の情報

などが候補に上がってきます。

 

そういう情報から、実際にどこの店舗でどんな販売者さんが販売されているのかを教えてもらうのです。

 

出店場所に確認しておきたい8つのチェックポイント

そしてある程度出店先候補を見つけられたら、実際に電話をかけて下記のポイントを中心にリサーチしてみてください。

 

①出店料・キャンセル料はいくらなのか

②出店申請に必要な書類はあるのか

・販売経歴書
・車検証のコピー
・PL保険証書のコピー
・営業許可証のコピー
・先方指定の出店契約申込書 など、要確認。

③出店申し込みの期限・受付方法について

④どの曜日が空いているのか

⑤急なキャンセル・出店日の変更(振替等)はOKか

⑦車両を駐車するスペースの広さと高さ

→自分の車両の大きさと照らし合わせて確認する事!

⑧電源は貸してもらえるかどうか。

 

 

これらをあらかじめ聞いておくことで、

・出店先がたくさんある場合は、できるだ出店料の安い場所を選ぶことができる。

・どの曜日にどこに出店するのかを決めることができる。

など、自分のスタイルに合った販売がしやすくなると思います。

 

是非確認するようにしてみてください。

②マッチングサイトに登録する

最近は空きスペースを「貸したい側(店舗等)」と、「借りたい側(移動販売車)」の双方をマッチングするサービスがいろいろと始まっているようです

 

定期的にチェックをしてご自身の希望に合う出店先を探すことも可能かと思います。

 

参考までに、下記に2つのマッチングサイトを掲載しておきます☆

 

自由市場「スペース活用情報サイト」

%e8%87%aa%e7%94%b1%e5%b8%82%e5%a0%b4
自由市場「スペース活用情報サイト」とは、スペースを貸したい人と借りたい人を繋ぐマッチングサイトです。(当該FBページより抜粋)

https://www.jiyu18.jp/

軒先ビジネス

%e8%bb%92%e5%85%88%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9
自由市場「スペース活用情報サイト」とは、スペースを貸したい人と借りたい人を繋ぐマッチングサイトです。(当該FBページより抜粋)

https://business.nokisaki.com/

 

③出店募集中のイベントを探す

イベントは年に1回・数回、毎月一回など、大体決まったスパンで開催されることがほとんどです。

 

つまり、過去に開催されたことのあるイベントは、翌年にも同じような時期に開催される可能性が高いということ。

 

直近の出店者募集の情報が無くても、過去のイベントを遡ってチェックしてみることで、出店希望地域のイベント開催状況をチェックできるのでオススメです。

 

下記のサイトはイベントの開催情報を随時更新されていますので、要チェックです!

 

軒先新聞

nokisaki
日本全国のイベント情報を閲覧できるイベント募集情報サイト。更新が止まっているページが多数ありますが、下記の3ページはコンスタントに更新されています。

⇒http://jikankasi.com/modules/bulletin/

⇒http://jikankasi.com/modules/bulletin3/#.V8E_m_mLTIU

⇒http://jikankasi.com/modules/bulletin4/#.V8E_6vmLTIU

京都&大阪:出店イベント情報フェイスブックページ

kansai-jyoho
京都&大阪で開催されるイベントの出展募集情報だけをご紹介しています。(当該FBページより抜粋)

https://www.facebook.com/kyoto.osaka.event/

北陸出店イベント情報フェイスブックページ

hokuriku -jyoho
北陸3県(福井・石川・富山)で開催されるイベントの出展募集情報だけをご紹介しています。(当該FBページより抜粋)

https://www.facebook.com/hokurikuevent/

東海出店イベント情報フェイスブックページ

tokai-jyoho
東海(愛知・岐阜・三重)で開催されるイベントの出展募集情報だけをご紹介しています(当該FBページより抜粋)

https://www.facebook.com/tokaievent/

東京&神奈川:出店イベント情報フェイスブックページ

kanto -jyoho
東京&神奈川で開催されるイベントの出展募集情報だけをご紹介しています。(当該FBページより抜粋)

https://www.facebook.com/tokyo.kanagawa.event/

ジモティー

jimoty
全国の出店の検索結果一覧です。出店のイベントを全国の全てのカテゴリから探せます。(当該FBページより抜粋)

http://jmty.jp/all/eve-kw-%E5%87%BA%E5%BA%97

 

④イベント仲介業者のサイトに登録する

出典:イベントパートナー

イベントの仲介業者とは、大型フェスや携帯電話会社、家電量販店などで開催される感謝祭のための移動販売店募集を行っている会社のことです。

 

大型フェスではたくさんの飲食販売店が必要になりますし、携帯電話会社なんて日本全国に相当な数が存在します。

 

そこで!主催者に代わってイベント開催に必要な移動販売店の募集を代行しているのが「イベント仲介会社」なのです。

 

出店エリアや販売品目を登録しておけば、出店依頼があった時に仲介会社から連絡が来ます。

 

「移動販売(もしくはキッチンカー) 派遣」でググってみてください。

 

但しご自身の出店エリアに合った仲介業者を選ばないと、登録しても出店先は見つからないと思いますのでご注意ください♪

⑤移動販売店オーナーに紹介してもらう

 

私が移動販売を始めた当初、出店先で知り合った先輩移動販売店オーナーさんに本当に親切にしてもらいました。

 

ご自身の出店するイベントに一緒に出店できないか、主催者に連絡を取ってくださったおかげで、私の出店先がどんどん増えていった経験があります。

 

もしも周りに頼れそうな先輩オーナーさんがいるなら、助けてもらうというのも一つの方法ですね。

 

周りの人とうまくコミュニケーションを取ったり、人間関係を上手く作っていけるいわゆる「世渡り上手な人」は、やっぱり移動販売も成功していらっしゃいます。

 

⑥駐車場や空き地を個人的な出店スペースにする

移動販売をされている方の中には、個人的にスペースを確保し、住宅地や駐車場の一角に出店されている場合もあります。お店の一角で出店する場合と違い、気兼ねなく比較的安い出店料で出店できるかもしれません。

 

ただ個人的には、最初はイベント出店などで経験を積んで行く方が学びも多く、調理技術のスキルアップにもつながるのではと思っています。

これに関してはその土地に住んでる人にしか分からない土地勘とかもあると思いますので、ご自身の直感にお任せします^^

 

但し、私有地や契約地以外の場所での販売はやめた方がいいです。まっとうに続けていける販売場所でチャレンジするようにしてくださいね♪

 

出店できる場所=「売れる場所」とは限らない?!

出店先を探す方法を6つご紹介してきましたが、この5つの方法を試して出店できる場所を見つけたとしても、その場所が「売れる場所」かどうかはまた別の話しなんですね。

 

過去に、あるスーパーのオーナーさんに「高齢化でなかなか若いお客さんが集まってくれません。今後若い客層の集客に力を入れていきたいので、クレープの店頭販売に来てくれませんか?」とお誘いを受けたことがありました。

 

一見ありがたいお誘いのように見受けられるかもしれませんが、私はこの話を聞いてすぐにお断りしました。

 

理由は簡単。若いお客さんがいないってことは、クレープを買ってくれる一番の得意客がいないってことなんです。

 

そこにわざわざ出向いて行って、クレープが売れるとは思えないんですよね。

 

相当時間をかけて自ら宣伝でもしない限り、そのスーパーに一番の得意客である「若い客層」は集まりません。

なぜ移動販売店を募集するのか

これは特に「空きスペース」の貸し出しについて言える話かもしれませんが、移動販売店を募集するには理由があります。

 

その理由とはズバリ「集客に困っているから」です。「集客に困っているから、客寄せの一環として移動販売車を呼びたい」というのが本根だと思うんですよね。

 

ですが私達移動販売店オーナーとしては、場所さえあればどこでもOKというわけにはいきません。場所は場所でも、「売れる場所」じゃないと意味がないのです。

 

出店料をお支払いしているのに、全然人通りがない敷地だったとしたら、出店する意味がありません。

 

移動販売が実店舗よりも儲かりやすいのは、「人の集まっているところに出向いていける販売形態だから。」なんです。

 

いくら場所があってもそこが「人が集まりにくい店舗(敷地)」だった場合、移動販売の経営って上手くいくのだろうか・・・?そう考えてみることは大事かなって思います。

 

最後に

移動販売の出店先を探す方法を私の経験を交えてお伝えしましたが、この方法でを試してみても上手く見つからない可能性もあります。

 

・(イベント出店で)毎年出店している移動販売店を優先的に出店させる。

・(スーパーマーケットで)すでに曜日ごとに移動販売店が確定していて、空きがない。

・(イベント出店で)商品が重複するため、出店を申し込んだが断られた。

・(イベント出店で)自分たちの販売を守るために、新規参入者を受け入れてもらえない。

 

等、いろんな壁が立ちはだかるからです。とくにイベントは「抽選」と言いながら結局は「人選」になっている場合が多々あります。

 

どこでも出店を受け入れてくれるわけではないので、出店できる特定の場所に移動販売店が集中し、溢れかえっているのが今の現状です。

 

冒頭でもお伝えしましたが、移動販売店は売る場所が確保できて初めて販売できるお店です。自宅の敷地で販売するならともかく、そうでないなら出店場所については、開業前からよ~く検討して確保できるように探し続けておきましょう。

 

移動販売の出店場所に関する記事>>>

 

スポンサードリンク