6つのポイントで見た、移動販売開業で成功している人の共通点とは?

 

移動販売に限らずどんな仕事でも、「これで絶対に成功します!」と断言できる方法論なんて存在しません。

 

ですが私が過去に見てきた人気のお店・たくさん儲かっている(であろう)人を見てみると、いくつかの共通点があると感じています、

 

そこで今日は移動販売で成功しているオーナーさんの6つのポイントについて、私の感じるところを一つづつ解説しようと思います。

 

 

移動販売成功のポイント①:とにかくその商品が「好き」

 

 

このサイトでは、

・この商材は難しいからやめておいた方がいいですよ。

・これは移動販売では難しいかもしれません。

 

等、否定的な意見を書いていることが多いです。

 

私が実際の販売で目にした現実、その現実から考察したことを綴っていますので、これらは決して嘘ではありません。

 

 

例えば昨日記事でご紹介した「焼き菓子」という商材。

焼き菓子の移動販売には、実店舗での営業許可証が必要です!

先日私が出店したイベントでは、焼き菓子の大量の売れ残りを抱えて出店を終える出店者さんを目にしました。

 

個人的な意見としても、食の優先順位の中で「お菓子」に占める割合ってそれほど多くないので、需要としては小さいのではないかと思っているのも事実です。

 

しかも焼き菓子って商材として人気なので、イベントに行くと焼き菓子屋さんが乱立する確率がめちゃめちゃ高い。

 

ですけど、そんな焼き菓子の販売で行列ができるくらい人気店になっているお店もあるんですね。

 

【出典:キャリー焼き菓子店さんのHPより 】

 

↑例えばこちらのお店、兵庫県丹波市にお店を構えておられる「キャリー焼き菓子店」さん。このお店はイベント出店ともなると、毎回行列ができるほどの大人気の焼き菓子屋さんです。

 

お店のフェイスブックページからもその人気ぶりはうかがえると思います。当然、イベント出店の際には毎回完売です。

 

焼き菓子をメインの商材に据えるのは難しいという事実がありながらも、こうして焼き菓子だけで人気店になるお店もあるのです。

 

「好き」の思いが、透けて見える

 

そのことをとどれくらい好きなのかという「気持ち」は、目には見えません。

 

ですが結果としてそれに掛ける思いの強さが、商品にも現れるということなんです。

 

どういう想いで販売をしているかという違いは、小さいように見えて、実はめちゃくちゃ大きな違いとしてお客様の目に映るのです。

 

 

人がどう言おうが、私が「売れませんよ。」「成功しませんよ。」と言おうが、移動販売の本にどう書かれていようが、好きという強い思いに突き動かされている人にとっては関係ないのかもしれません。

 

 

 

この話は「好きという想いだけでは成功しない。」といつも言っている私の言葉とは矛盾する話なのですが、それでも「そのことをどれくらい好きなのか」という想いが強い人が成功するのは事実です。

 

 

その商品に掛ける時間も思いも他の人より秀でているんだから、売れて当たり前なんです。

 

 

人が何て言おうと気にしないくらいに強い信念を持っていれば、ニーズがあればどんな商材でも成功できるということなのかもしれません。

 

移動販売成功のポイント②:ニーズを見極める力(センス)がある

 

以前、お弁当の移動販売をしたいとのご相談をいただいたことがありました。

 

その方は魚屋さんで、店舗を持つ開業資金がないから移動販売という形式で販売したいとのこと。

 

商材は魚を使った惣菜が中心だそうです。

 

ですが、魚のお惣菜を買いたいと思われるお客さんのニーズってあるでしょうか?

 

お惣菜だけ移動販売店に並べられて、をわざわざ移動販売店に買いに行くでしょうか?(移動スーパーだったら分かりますが・・・。)

 

売上の中心となるであろう「イベント出店」で、果たしてお客さんに喜ばれる商材になり得るでしょうか。

 

私個人の意見としても、財布のひもを握っている女性の立場で考えた場合でも、この商材は難しいだろうと思いました。

 

その旨をお伝えしましたが、商材を変更される予定はないとのこと。その後どうされたのかは分かりません。。

 

 

移動販売に限らず、自分の売りたいものとお客さんの買いたいと思われる物が合致して初めて「売れる」んです。

 

自分がいくら売りたいと思った商品でも、お客さんのニーズがなければ売れません。

 

これは「商材」そのものに求められるニーズの話ですが、他にも移動販売店に求められる「清潔感」もお客さんのニーズだと思いますし、持ち帰りしやすいように工夫された包装というのも、ニーズとしてあるかもしれませんよね。

 

それらすべてにおいて、お客さんが求めるであろうニーズを感知できる力(センス)がないと、人からお金をいただくことは難しいと思います。

 

 

 

移動販売成功のポイント③:商品が「美味しい」

これは基本の基本ですね。

 

美味しいことって、もうすでに当たり前のレベルで必要になる要素です。

 

これだけ新しい飲食店(移動販売も含む)がオープンして、飽和状態の飲食業界の中で、単に価格が安いだけでは見向きもされません。

 

味の点で他との差を出しにくい場合は、食感で変化をつけてみるのも、おすすめです。

 

例えば私は個人的にはもっちり系のクレープが好きなのですが、そこをあえてサックリ系のクレープ生地で勝負してみるとか。

 

フワフワしているものをあえてどっしり重厚に仕上げてみるとか。

 

いろんな工夫を取り入れて他社との違いを明確にしていくと、よりインパクトのある商品になっていくと思います。

 

移動販売成功のポイント④:「魅せ方」が上手

 

この2点は共通する部分がある話ですね。

SNS全盛期で、特にInstagramに代表されるように

 

・写真に撮った時にかわいい物

・オシャレな物

・思わず人と共有したくなるような物(要するに女子ウケするやつ。)

 

であることが、購入の決め手になります。

 

「自分はSNSには興味がない」とか、「そんなこと、やってみたいとも思わない」とか、個人的にいろいろ思われることはあると思います。

 

ですが残念ながらこれが世の中の「流れ」です。いくら自分が嫌で興味がないと思ったところで、世の中の流れは変わりません。

 

世の中の流れを変えられるなら、そのように頑張ればいいと思います。ですがご自身で変えられないなら、逆手を取ってその流れに便乗しましょう☆

 

デザインの力、魅力的な店構え、など、「かわいい」や「オシャレ」であることは、必ずあなたの売り上げを後押ししてくれるはずです♪

 

*ちなみにここで言うオシャレというのは、その人(オーナー)らしさを感じさせるオシャレ感のことです。

 極端な話、50歳のオジサマがピンクの車で、リボンとかフリルとか飾り付けた車でクレープ販売してたら、ドン引きしますよw

 

 

移動販売成功のポイント⑤:(性格が)明るい

これも基本ですよね。

特に移動販売って一般的な飲食店よりも、お客さんとの距離が近い販売形式です。

 

お客さんも普通の飲食店とは違った、「店主とのやり取り」を楽しんでおられるんです。

 

ですので、特に明るい性格だったり、人が好きだったり、話をするのが好きな人ほど成功しやすいと言えるでしょう。

 

移動販売成功のポイント⑥:人脈が広い

人脈(コネともいう。)・・・めちゃめちゃ大事です。

 

私もテント販売形式でクレープの販売を始めて半年くらいたった時に、同じくイベントで焼き菓子を販売されているオーナーさんと出会いました。

 

その方は私よりもイベントのコト、出店募集の情報をよくご存じな方で、私のクレープを気に入ってくださったこともあって出会ってから今まで、数えきれないほどの販売場所を紹介していただきました。

 

特に私から「紹介してください。」と頼んだわけではありません(そこまで厚かましい人間ではありません 笑)が、その方のおかげで本当に販売先を増やすことができましたし、結果的に私のクレープを広く知っていただくことにもつながりました。

 

私一人では絶対にここまで来られなかったであろうと思うと、今でも感謝の気持ちでいっぱいです。

 

人脈とかコネという言い方は語弊があるかもしれませんが、やはり人との繋がりを大事にするって、特に移動販売では重要になってくるはずです。

 

だって、移動販売って、販売する場所があって初めて売れるという販売形式なんですから。

 

人に信用される商品を作り、人を大事に仕事をしていれば、頼まなくても向こうから声をかけてもらえるような移動販売店になっていくと思いますよ。

最後に

 

以上、私が約6年の移動販売を経験してみて感じた成功している人の共通点(私が成功しているかどうかは別として)、をご紹介しました。

 

過去の学びの中で私が感じたことをいろいろ書いてみましたが、この中の「どれか一つ」では残念ながら成功しないと思います。

 

私の周りの「成功している人」「人気のある移動販売店」を見てみても、皆さんほぼ全てを持ち合わせている人ばかりです。

 

ですので是非一度、人気の移動販売店・魅力的だと感じる移動販売店に直接足を運んでみてください。

 

数店舗見れば、その中で何かしらの共通点が見つかると思いますよ☆

 

次の記事>>>>

移動販売開業から失敗に至るまでの経緯とは?|経験者に話を聞いてみた