キッチンカー・移動販売の試食見学会

中古のキッチンカー・移動販売車選び

【移動販売車なら軽トラで決まり!】キッチンカーに軽トラックが最適な理由6つ

キッチンカーを選ぶ中で、どんな車両にするか迷っていらっしゃいませんか?

いろんな車がキッチンカーとして活躍していますが、その中でも私が一番おすすめする車種は軽トラックです。

そこで今日は、

  • 軽トラックをおすすめする6つの理由
  • 軽トラックを選ぶデメリット

について、詳しく解説していきたいと思います。

YUKO所長
YUKO所長
このサイトは「移動販売研究所」の所長、YUKOが解説してまいります!

軽トラックの移動販売車|デメリットは?

個人的には、軽トラックに勝るキッチンカーはないと思えるぐらい、おすすめの車両です。

しかし中には軽トラックではちょっと・・・と言われるオーナーさんもいらっしゃいます。

そこでメリットを解説する前に、軽トラックのデメリットについて触れておきたいと思います。

製作費用がかかる問題!

軽トラックタイプのキッチンカーの場合、キッチン部分の改造が欠かせません。費用が比較的高額になる点が、デメリットになります。

軽ワゴン車・軽バンタイプのキッチンカー

例えばこんな↑軽ワゴン車でしたら、キッチン設備を積むだけで、移動販売車ができ上がってしまいます。

車体の改造はほとんど必要ありませんので、安い中古車を購入すれば、お金をかけなくてもそこそこのキッチンカーが出来上がるのです。

ですが軽トラックタイプのキッチンカーの場合、キッチン部分の改造は欠かせません。

その部分だけで80万円程度は必要になり、中古車両本体・調理器具の搭載を考えると、トータルコストはどうしても高め。

どうしても軽トラックは選ばれにくくなってしまうというわけです。

でもご安心ください。

軽トラックにはこのデメリットを払拭するくらい、大きなメリットがたくさんあります。

次は、その具体的なメリット・強みについて触れていきたいと思います。

軽トラの強み①|車両の維持・メンテナンス費用が安い

軽自動車の維持費・メンテナンス費用の安さは、移動販売を継続していく上で大きなメリットになります。

車両の維持費・メンテナンス費用が安く済むというのは、この軽トラベースの一番の魅力ですね。

車両が大きくなればなるほど維持費やメンテナンス費用で経費が高額になります。

手元に残る収入をめいいっぱい確保するためにも、維持費が最小限で済む軽トラックのキッチンカーは大きな強みになります。

軽トラの強み②|どんなメニューにも対応可能!

(決して十分とはいえませんが)どんなメニューでも取り扱いできるのが、軽トラックのキッチンカーの強みです。

丼もの・揚げ物・ドリンク・スイーツ・・・。

軽トラックベースのキッチンカーなら、あらゆるメニューの販売が可能です。

実際にキッチン部分に乗ってみてください。けっこうなスペースがあることをご理解いただけると思います。

これが軽ワゴン車となると、販売できるメニューとしては限られてしまいます。

◆複数・多品目の販売をしたい方は要注意!◆

あなたが申請すべき保健所の規定は確認されましたか?

保健所によっては、軽自動車での販売が一品目に限定されることもあります。

多品目を扱いたい場合、普通車でないと営業許可が下りない場合もあるってこと。

このように、いくら自分が希望する移動販売でも、保健所の許可が取れないと開業できません。

まずはあなたが申請するべき保健所で、どのようなキッチンカーなら許可されるのか確認するようにしてください。

移動販売の営業許可取得の方法
【自分でできる!】移動販売の許可と資格|保健所が認めるキッチンカーの作り方移動販売の開業には、食品衛生責任者証と営業許可証のふたつが必要です。 これらを取得するのは難しそうに思えるかもしれませんが、そんな...

移動販売の許可を取る方法|シンク・電源・仕込み場所について

 

軽トラの強み③|立ったまま販売できる!

体への負担なく調理できる点は、移動販売を続けていくうえで重要なメリットです。

立った姿勢で調理販売できるのは、この車両の最も大きなメリットです。

座った状態で調理販売するタイプのキッチンカーは、どうしても肩や腰・膝に負担がかかります。

身体的な負担がかからない軽トラックでの調理販売だからこそ、ストレスなく仕事を続けていくことができるのです。

軽トラの強み④|2人でも販売できる

キッチン部分には、最大2人まで搭乗可能!バイトさんと2人の販売や、夫婦2人での開業にも最適です

効率よく調理台を配置すれば、大人2人分の立ちスペースを確保できます。

開業するときは一人であっても、将来的にバイトを雇いたいと思うことが出てくるかもしれません。

また、キッチン部分にそれだけスペースがあるということですので、荷物の搭載スペースとしても十分確保可能です。

◆参考|軽トラに2人体制でどれくらい稼げる??◆

販売する商材にもよると思いますが、

  • クレープのみの販売
  • 二人体制のイベント出店
  • 10:00~16:00までフル稼働

という条件なら、1日15万円~20万円程度は十分可能だと思います。

「2人では人手が足りない!」と思うほど繁盛する場合は、迷うことなくもう一台キッチンカーを製作して下さい^^

軽トラの強み⑤|作業効率の良さで売上大幅アップ!

ほどよいキッチンスペースなので、手の届く場所にうまく物品を配置できます。結果的に作業効率がアップし、売上アップにつながります。

大きな車なら、スペースを気にせず広々と空間をつかえるかもしれません。

ですが空間が広い場合、広いスペースに物品を広げて配置してしまい逆に作業効率が悪くなります。

商品の提供スピードが落ちて販売できる数が少なくなり、結果的に売上は減ってしまんですね。

軽トラックのキッチンカーの内装私のキッチンカーの内装・配置

その点、軽トラックのキッチンカーなら物品をコンパクトに配置できるため、動き回るスペースも最小限で済みます。

スピーディーな調理販売で売上アップにつながる点は、この車の大きな強みです。

軽トラの強み⑥|パフォーマンスで「魅せる」販売が可能

creperie-cuore

調理過程を「パフォーマンスとして魅せる」ことことができるのは、軽トラックの大きな強みです。

私たちにとっては当たり前の作業でも、お客様にとっては調理過程そのものがパフォーマンスのように、興味深く感じられるもの。

たとえ買ってくださらなくても、じっと眺めるお客様の人だかりができるだけで店先に活気が生まれ、まさに「客が客を呼ぶ」の状態が作られていくのです。

この移動販売ならではの強みを、あなたのお店の「ウリ」として活用しない手はありませんね。

大きな中古車を買って、後悔された事例

以上6つが軽トラックの移動販売車をお勧めする理由なのですが、軽トラックのキッチン部分が狭いのでは・・・?と心配されている方もいるかもしれません。

そこで、軽トラックよりも大きい「トヨタのクイックデリバリー」のオーナーさんの話をご紹介しておきたいと思います。

以前イベントでご一緒したそのオーナーさんが、

「自分もこんな車(軽トラ)にしたらよかったな~。今の車は維持費がかかりすぎる。自分一人で販売するんならこれくらいの大きさで十分やったわ。」

と、私の軽トラを眺めながらしみじみおっしゃる様子を目の当たりにしました。

TOYOTAクイックデリバリー出典:Wikipedia

この車↑、キッチンスペースは広いのですが車高も高いので、場所によっては車が駐車できない可能性も出てくるんですね。

  • 大は小を兼ねる!大きな車を買っておけば安心
  • 大量販売には大きな車が必要になるかも
  • 男だからこれくらい大きな車のほうが・・・

などいろんな可能性を考えてこの車両を選択されたのだと思いますが、一人で販売するなら本当に、軽トラックで十分です。

先にも書きましたが、それほど大量の販売をしたいのであればもう一台追加製作すればいいと思うんです。

そうすれば、1日2現場、掛け持ちで出店することだって可能になります。

とにかく不必要に大きな車を購入して、失敗することがないようにご注意くださいね☆

軽トラックのキッチンカー製作で失敗しないために

◆軽トラックの中古車をオススメする6つの理由まとめ◆

  1. 車両の維持費・メンテナンス費用が安い!
  2. どんな商材でも販売できる!
  3. 立って販売することができる
  4. 2人で販売できる
  5. 作業効率の良さで売上大幅アップ!
  6. パフォーマンスとして「魅せる」販売が可能

以上が軽トラックをおすすめする6つの理由です。

このように、軽トラックで製作するキッチンカーは、ほかの車種にはない強みでいっぱいです!

200万円程度の製作費用で、これだけのパフォーマンスができるキッチンカーはほかにありません。

予算的にゆとりがある方はぜひ、軽トラックのキッチンカーを製作されることをおすすめします。

次の記事↓では、私のキッチンカー製作(軽トラックベース)にかかった費用についてまとめています。

こちらも参考にしてみてください。