キッチンカー・移動販売の試食見学会

移動販売車・キッチンカーの製作

新車キッチンカー製作の費用247万円!移動販売車の値段と内訳を公開

キッチンカーの費用の内訳を公開!いくら必要?

移動販売の開業において、もっとも大きな支出を占めるのがキッチンカーの製作費用です。

いったいどのくらい必要になるのか・・・気になりますよね。

そこでこの記事では、わたしのキッチンカー製作にかかった費用とその内訳について詳しくご紹介していきたいと思います。

費用をざっくり内訳するとこんなかんじです↓。

費用の内訳税込み価格
ベース車両とその付属品1,118,000円
キッチン部分造作費用1,181,360円
作業台・冷凍庫173,490円
製作費用合計 2,472,850円

この費用の内訳をさらに具体的に、詳しい解説付きでご紹介していきたいと思いますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは順にご紹介していきます。

軽トラック(軽自動車)のクレープ移動販売車

軽トラックの移動販売車を製作する方法(クレープ移動販売店)

いろんなベース車両がある中で、私が選んだ車種は軽トラック。

スズキのキャリーを購入しました。

結果としてはこの車両を選んでおいて、ほんとうに正解でした!

小さすぎるのでは・・・?と心配していましたが、クレープの販売だと私一人で1日13万円の売上を得られています。

2人体制だったら、もっと多くの収益も見込めますね。

そんな実用性の高いこの車両(軽トラック)は、キッチンカーの中でおすすめナンバー1の車種としてこちらの記事↓で解説しています。

キッチンカー製作のおすすめ車種ランキングTOP7!中古の移動販売車の相場とは?キッチンカー・移動販売車の製作の車種で1番のおすすめは軽トラ!2位以下は?安い車両は?大きさ(寸法)から製作費・維持費・メリットやデメリット、中古キッチンカーの相場にいたるまですべてを比較。...

他の車種との比較もしていますので、ぜひ読んで参考にしてみてください。

ベース車両本体の費用

ミント所長
ミント所長
車両本体と付属品の購入費用は、1,118,000円でした。
車両本体価格の内訳税込み価格
ベース車両(4WD/AT車)1,008,000円
バックモニター(工賃込)50,000円
ETC(工賃込)10,000円
スタッドレスタイヤ4本50,000円
計 1,118,000円

購入したスズキキャリーは、新車です。

さらに4WDで、スタッドレスタイヤも同時購入しました。

そのためベース車両だけで100万円を超えており、車両費用としてはかなり高額なものとなっています。

新車を選択した理由

ここで、なぜ新車を選択したのかについて触れておきます。

理由としては、「軽トラックの場合よほど年式の古いもの・粗悪なものでない限り、中古車でもそれほど安くならない」という情報を車屋さんから聞いていたからです。

確かに中古車市場で程度のいい軽自動車を見てみると、新車価格から20-30万円ほどしか安くなっていない車両もけっこうありました。

ですが新車でキッチンカーを製作してから5年が経過した今、あらためて考えてみると、20-30万円の差でもいいので少しでも安く買っておくべきだったと後悔しています。

中古車購入をおススメする理由

というのも、キッチンカーは乗用車のようにキレイな外観を保ち続けることは難しいからです。

ミント所長
ミント所長
キッチンカーは日々の出店によって、あっという間に汚れやキズが目立ってきます。

また国産車であれば、中古車でもそんな簡単に故障することなんてありませんよね。

このように、

  1. 単純に少しでも開業費を安く抑えるため
  2. あっという間に傷や汚れが目立ってくるため

という2つの理由から、これから開業される方には中古車による製作がおすすめです。




キッチン部分の枠組み造作費用

ミント所長
ミント所長
キッチン部分の造作費用は、1,181,360円でした。

次に、キッチン部分の造作にかかった費用について、各パーツごとに細かくご紹介していきます。

「パーツNO.」を振っていますので、下記の画像と照らし合わせながらご覧ください。

パーツNO.費用内訳税込み価格
基本ベースボディ
(リア観音式)
280,000円
リア観音式扉
(扉本体)
95,000円
サイド跳ね上げ扉
(ダンパー式)
100,000円
サイド出入り口55,000円
リア観音扉の
90℃ストッパー金具
5,000円
内装アルミ張り53,000円
換気扇1か所
(本体+取り付け費)
20,000円
床コンパネ
+フローリングマット
18,000円
車両サイドカバー20,000円
天井
(アルミタイプ)
175,000円
車両全塗装(1色)150,000円
内装塗装(1色)80,000円
内装電気工事
(スポットライト・
コンセント込み)
85,000円
車両ステッカー制作
(貼付け費用込み)
45,360円
1,181,360円

 

軽トラキッチンカーの場合、いまご紹介したようなパーツをオリジナルサイズでカスタマイズすることが可能です。

例えば扉の高さや幅、換気扇の設置場所など、自分好みに仕立ててもらうことが可能なのです。

軽トラのキッチンカーづくりで注意すべきポイントは?

かなり自由度の高い設計ができるのが軽トラキッチンカーの魅力ですが、なかには取り付けて失敗したと感じるものもいくつかあります。

逆に換気扇や観音扉などは、取り付けておいて大正解の設備でした。

このように製作してみてわかった失敗事例&成功事例についてはこちらの記事でまとめて解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

【軽トラの移動販売車を作った結果】車の寸法・成功・失敗を総まとめ! 軽トラックを使ったキッチンカーを作りたいと思ったものの、何も情報がなくて困っている・・・という方もいらっしゃるのではない...

作業台・冷蔵庫の費用

さいごに、キッチン部分に搭載しているクレープ調理台と冷凍庫の価格についてもご紹介しておきます。

費用の内訳税込み価格
木製調理台(フルオーダー)93,500円
冷凍庫(新品73L)79,990円
計 173,490円

調理台はお客さんの一番目に留まるところなので、かなりこだわって作りました。

自分で採寸し、完全オリジナルデザインで大まかな完成図を考案。

実際の製作は、知り合いの木工さんにお願いしました。

他には

・手洗い用ポリバケツ
・給排水用ポリタンク

を購入し、設置しています。

私の住む地域の保健所には規定にありませんが、手洗い設備として「シンクの取り付け」を義務付けている保健所もあります。

その場合は、さらにそれらの取り付け費用も必要になりますね。

私のキッチンカー製作費用まとめ

以上が、私のキッチンカー製作にかかった費用の全容です。

合計金額が2,472,850円

費用の内訳税込み価格
ベース車両とその付属品1,118,000円
キッチン部分造作費用1,181,360円
作業台・冷凍庫173,490円
製作費用合計 2,472,850円

新車ということもあって少し高額になってしまいましたが、この車の「店舗」としての実用性を考えると、十分価値のある初期投資ができたと思っています。

ある程度予算にゆとりがある方は、ぜひ軽トラックで製作されることをオススメしたいです。

まとめ|「安さ」にこだわりたいなら、軽バンが◎

以上がわたしのキッチンカー製作にかかった費用の内訳です。

費用の内訳税込み価格
ベース車両とその付属品1,118,000円
キッチン部分造作費用1,181,360円
作業台・冷凍庫173,490円
製作費用合計 2,472,850円

新車で製作したこともあり、製作コストはけっこうかかってしまいましたね・・・。

わたしも含め、キッチンカー製作費用を何の躊躇もなくポンッと支払える方なんてそうそういないと思います。

また手元に全然お金が残らないような無理なキッチンカー製作は、絶対に避けるべきです!

そんな方は軽トラにこだわらず、他の車種で対応できないか考えてみてください。

ミント所長
ミント所長
たとえば車種を「軽バン」にすれば、安ければ100万円以内でも製作できると思います。

こちらの記事では「キッチンカーおすすめランキングTOP7」として、製作費用や中古車市場の相場など詳しく解説しています。

キッチンカー製作のおすすめ車種ランキングTOP7!中古の移動販売車の相場とは?キッチンカー・移動販売車の製作の車種で1番のおすすめは軽トラ!2位以下は?安い車両は?大きさ(寸法)から製作費・維持費・メリットやデメリット、中古キッチンカーの相場にいたるまですべてを比較。...

いまは中古車市場でもお得なキッチンカー情報を閲覧できますので、そんなことも参考にしつつ、あなたの予算にあったキッチンカーを選んでみてくださいね。

それではまた☆