キッチンカー・移動販売の試食見学会

軽トラのキッチンカー

【軽トラックの移動販売車】スズキキャリーのキッチンカー製作費と失敗事例

移動販売の開業において、もっとも大きな支出を占めるのがキッチンカーの製作費用です。

いったいどのくらい必要になるのか・・・気になりますよね。

私の場合、キッチンカー製作に要した費用をざっくり内訳けすると下記の通り。

費用の内訳税込み価格
ベース車両とその付属品1,118,000円
キッチン部分造作費用1,181,360円
作業台・冷凍庫173,490円
製作費用合計 2,472,850円

この記事では、この費用の内訳をさらに具体的に、詳しい解説付きでご紹介していきたいと思います。

さらに、

  1. 取り付けてよかったパーツと設備
  2. 取り付けて失敗・後悔したパーツと設備

についても触れていますので、これから製作される方は是非参考にしてみてください。

それでは順にご紹介していきます。

製作した車両のご紹介

軽トラックの移動販売車を製作する方法(クレープ移動販売店)

いろんなベース車両がある中で、私が選んだ車種は軽トラック。

スズキのキャリーを購入しました。

結果としてはこの車両を選んでおいて、ほんとうに正解でした!

小さすぎるのでは・・・?と心配していましたが、クレープの販売だと私一人で1日13万円の売上を得られています。

2人体制だったら、もっと多くの収益も見込めますね。

そんな実用性の高いこの車両の魅力については、「軽トラ」が最適だと思う6つの理由の中で詳しく解説しています。

ぜひ読んでみてください。

ベース車両本体の費用

YUKO所長
YUKO所長
車両本体と付属品の購入費用は、1,118,000円でした。
車両本体価格の内訳税込み価格
ベース車両(4WD/AT車)1,008,000円
バックモニター(工賃込)50,000円
ETC(工賃込)10,000円
スタッドレスタイヤ4本50,000円
計 1,118,000円

購入したスズキキャリーは、新車です。

さらに4WDで、スタッドレスタイヤも同時購入しました。

そのためベース車両だけで100万円を超えており、車両費用としてはかなり高額なものとなっています。

新車を選択した理由

ここで、なぜ新車を選択したのかについて触れておきます。

理由としては、軽トラックの場合よほど年式の古いもの・粗悪なものでない限り、中古車でもそれほど安くならないという情報を車屋さんから聞いていたからです。

確かに、中古車市場をのぞいてみると新車価格と20-30万円程度しか変わりませんでした。

ですが購入後3年が経過した今考えてみると、やっぱり20-30万円の差でもいいので、少しでも安く買っておくべきだったと悔やまれます。

中古車購入をおススメする理由

  1. 単純に少しでも開業費を安く抑えるため
  2. あっという間に傷や汚れが目立ってくるため

私が中古車をオススメする理由というのが上記の2つです。

キッチンカーはあくまで商売用の調理施設。

新車の自家用車のように、きれいなまま保つことにそもそも無理があります。

その点を考慮すると、新車で買うメリットなんてほぼほぼありません。

これから購入される方にはもちろん、少しでも安く中古車を購入されることをオススメします。




キッチン部分の枠組み造作費用

YUKO所長
YUKO所長
キッチン部分の造作費用は、1,181,360円でした。

次に、キッチン部分の造作にかかった費用について、各パーツごとに細かくご紹介していきます。

「パーツNO.」を振っていますので、下記の画像と照らし合わせながらご覧ください。

パーツNO.費用内訳税込み価格
基本ベースボディ
(リア観音式)
280,000円
リア観音式扉
(扉本体)
95,000円
サイド跳ね上げ扉
(ダンパー式)
100,000円
サイド出入り口55,000円
リア観音扉の
90℃ストッパー金具
5,000円
内装アルミ張り53,000円
換気扇1か所
(本体+取り付け費)
20,000円
床コンパネ
+フローリングマット
18,000円
車両サイドカバー20,000円
天井
(アルミタイプ)
175,000円
車両全塗装(1色)150,000円
内装塗装(1色)80,000円
内装電気工事
(スポットライト・
コンセント込み)
85,000円
車両ステッカー制作
(貼付け費用込み)
45,360円
1,181,360円

 

軽トラキッチンカーの場合、いまご紹介したようなパーツをオリジナルサイズでカスタマイズすることが可能です。

例えば扉の高さや幅、換気扇の設置場所など、自分好みに仕立ててもらうことが可能なのです。

それらひとつづつのパーツを、車屋さんと相談しながらどうするのか決めていく作業は結構大変でした。

そこで、私が製作した車両の各寸法についても軽トラックの移動販売車の各寸法と構造の中ですべて公開してみました。

こちらを参考に検討されると、スムーズに製作できるのではと思います。

作業台・冷蔵庫の費用

さいごに、キッチン部分に搭載しているクレープ調理台と冷凍庫の価格についてもご紹介しておきます。

費用の内訳税込み価格
木製調理台(フルオーダー)93,500円
冷凍庫(新品73L)79,990円
計 173,490円

 

調理台はお客さんの一番目に留まるところなので、かなりこだわって作りました。

自分で採寸し、完全オリジナルデザインで大まかな完成図を考案。

実際の製作は、知り合いの木工さんにお願いしました。

他には

・手洗い用ポリバケツ
・給排水用ポリタンク

を購入し、設置しています。

私の住む地域の保健所には規定にありませんが、手洗い設備として「シンクの取り付け」を義務付けている保健所もあります。

その場合は、さらにそれらの取り付け費用も必要になりますね。

私のキッチンカー製作費用まとめ

以上が、私のキッチンカー製作にかかった費用の全容です。

合計金額が2,472,850円

費用の内訳税込み価格
ベース車両とその付属品1,118,000円
キッチン部分造作費用1,181,360円
作業台・冷凍庫173,490円
製作費用合計 2,472,850円

新車ということもあって少し高額になってしまいましたが、この車の「店舗」としての実用性を考えると、十分価値のある初期投資ができたと思っています。

冒頭でも触れていますが、軽トラのキッチンカー自体、移動販売において最もメリットの大きい車両だと確信しています。

ある程度予算にゆとりがある方は、ぜひ軽トラックで製作されることをオススメしたいです。




取り付けて「正解」だったパーツ・設備

とはいえ、軽トラックのキッチンカーを製作して実際に使ってみると、「これは要らなかったな・・・」と後悔する部分もあるんです。

逆に、取り付けておいて正解だったと思うものもあります。

そこで補足として、

  • 取り付けて正解だったもの
  • 取り付けて後悔したもの

についても個人的な感想をご紹介して、この記事を終えたいと思います。

まずは、取り付けてよかったと思うものから順にご紹介しますね。

換気扇|パーツNO⑦

設置して一番良かったと思うのが「換気扇」です。

換気扇の設置は、保健所によっては特に義務付けられていない場合もあります。

ですが、これは軽トラックに限らず、どんな車両にでも設置したほうがいいんじゃないかと思うくらい重要なパーツです。

加熱調理を基本とするキッチンカーの内部は、すぐに暑くなりますからね。

  • 少しでも空気を循環させることで快適に作業できるようになる
  • 匂いも排出してくれる

という二つの大きなメリットがありますので、多少費用がかかっても是非設置されることをオススメします。

リア観音扉|パーツNO②

軽トラキッチンカーの後面(観音開き仕様)

車体後面を「観音開き」にすることで、車検準備や普段の搬入作業をスムーズに行うことができます。

このタイプのキッチンカーの車検は、車検のたびに荷物をすべて運び出し、キッチン部分を空にする必要があります。

大きな作業台やシンクの運び出しをスムーズに行うためにも、大きな搬入口を設けておくと非常に便利なのでオススメです。

YUKO所長
YUKO所長
観音扉を開けっ放しにしておいて、この部分を販売口(=接客口)として活用することもできます。

取り付けて「後悔」したパーツ・設備

床のフローリングマット(の色)|パーツNO⑧

軽トラキッチンカーの後面(観音開き仕様)

まず、後悔したと思うパーツの一つが「フローリングマット」です。

こちらはマット自体の色選びを失敗したというもの。

割と明るい色になっているために、どうしても汚れが目立ってしまうんです。

選べるのであれば、こげ茶色などの濃い色にされることをオススメします。

天井アルミカバー|パーツNO⑩

軽トラックのキッチンカー

私が製作した車両はこのように↑、ヘッド部分を四角い形状の仕上がりになっています。

製作当時、私の好みでこちらのタイプを選択したのですが、これは本当に大失敗でした。

理由は2つ↓。

  • アルミ製なので、とにかく重い
  • 走行中の風の抵抗が大きい

このふたつのデメリットがあるとわかっていれば、後述するFRPタイプを選択していたのですが・・・。

これは車屋さんの方でしっかりアドバイスしてほしかったですね。。残念です。

積載量はできるだけ軽く仕上げたほうが燃費もよくなります。

もしこれから製作される方は、こちら↓のようなFRP製のものを取り付けてください。

軽トラキッチンカー
出典:MIYAZAKIボディ製作所さまHP

車両ステッカー制作|パーツNO⑭

車両ステッカーシートも、取り付けを公開しているものの一つです。

ご覧いただくとわかる通り、このように接客口の裏側にも大きくステッカーシートでデザインを施していますが、ここまでする必要はなかったな・・というのが正直なところ。

正直、接客口の裏面やリアのデザインなんて、お客さんにはほとんど見えませんからね。

見えない部分にお金をかけてデザインを施す必要は、まったくないのです。

看板やのぼり、垂れ幕などをうまく使って、車両本体に過度のデザインを入れない工夫をすると賢い車両製作ができると思いますよ。

さいごに

以上、私のキッチンカー製作にかかった費用についてまとめてご紹介しました。

「取り付けてよかったもの」「後悔したもの」も、一つの意見として参考にしながら製作を進めてみてください。

あと、できるだけ製作費用を安く抑えたいとお考えの方!

私の経験からお伝えしますと、関東地方は総じて製作費用が高いです。

単純に地方と都市の物価の違いだとは思えないくらい、本当に関東の車屋さんは高かったです 笑)

なのでこれから開業される方は、とにかく見積もりを取って、よ~く比較検討してください。

車両の費用は、製作会社次第でだいぶ安く抑えられる可能性がありますよ。