キッチンカー・移動販売の試食見学会

移動販売の許可と資格

【絶対条件】露店の営業許可を一発クリア!確実に許可される設備レイアウトとは

この記事では、露店営業に必要な設備について解説していきます。

結論から言いますと、露店営業で営業許可を取るためには

  1. 三方を囲うテント
  2. ポリタンクによる簡易水道設備(手指洗浄用)
  3. 冷蔵・冷凍設備
  4. 食品や調理器具の保管庫、ゴミ箱

の4つの設備が必要です。

営業許可は日本全国共通ではないものの、おおむねこの4つは必要になるでしょう。

ひとつづつ解説していきますので、不足の無いように準備して許可申請に備えてください。

参照:露店などイベント販売の許可と資格を取る方法

写真↓は私がテントスタイルで出店していた当時のようす。

販売口以外の3方が横幕で囲われています。

テントの大きさや材質について保健所の規定はありません。

ただ、テント選びを失敗すると使い勝手が悪かったり、すぐに壊れてしまうものもあるんです。

そこで、マルシェや手作り市の出店一番オススメなのがこのテント↓。

  • 別売りで横幕の販売あり
  • 一人でも設置可能
  • カラー展開が豊富
  • 部品のパーツ売りで、修理も可能

という、業務使用にはもってこいのメリットが満載。

一方で完全に「屋台」としてテントを使用される場合は、一般的な白テントが使われていることが多いですね↓。

あなたの出店スタイルに合わせて選んでみてください。

②ポリタンクによる簡易水道設備(手指洗浄用)

手洗い・調理器具洗浄用の設備(水栓コック付きポリタンク)の搭載が必ず必要。

例えばこんな風に、

  • 水栓コック付きのポリタンク
  • 汚水を受けるバケツ

の2つが揃っていればOKとされる場合がほとんどです。

場合によっては、

  1. 手洗い専用
  2. 調理器具洗浄専用

として、簡易水道を2か所設置しないといけない場合もあるかもしれませんので、各自ご確認ください。

ポリタンクといえば通常このようなタイプ↓をよく見かけますが、正直保管するのに邪魔になるんですよね・・・。

これから購入される方は、(保健所で問題なければ)こちら↓の小さく折りたためるポリタンクにされるといいと思います。

なお、手洗い設備には必ず

  • 手洗い用の石鹸(ミューズみたいなポンプ式の物でOK)
  • 手指消毒用アルコールスプレー

の設置が必要です。

こちらも忘れないように設置しましょう。

③冷蔵・冷凍設備

販売するメニューに関係なく、各食材に適した保冷設備の設置が必要。

どんなメニューを販売したとしても、保冷設備は絶対に必要になるでしょう。

保冷程度でしたらクーラーボックスや発泡スチロールに、保冷剤を詰めておく程度で許可されることが多いです。

露店販売でも使える?冷蔵庫・冷凍庫

露店販売でも電源さえ確保できれば、冷凍庫や冷蔵庫を使用されているオーナーさんもいらっしゃいます。

車への積み下ろしはかなりの重労働になるはずですが人手が確保できる方は、これらの設置を検討してもいいかもしれませんね。

④食品や調理器具の保管庫、ゴミ箱

販売に必要な食材や調理器具を保管するため、蓋つきの容器が必要とされる場合があります。

この場合は衣装ケースを活用すればOKです。大小様々あると思いますので、必要に応じて選んでください。

ゴミ箱も大きさに規定はありませんが、設置は義務のはず。

蓋つきのものを選びましょう。

消火器の設置は必須!

ガスやカセットコンロ、電気調理器具を使用する場合には消火器の設置が必要です。

以上が露店営業許可取得に必要な設備なのですが、それに加えてもう一つ必要なものが「消火器」。

alabel=Amazonで探す rlabel=楽天市場で探す ylabel=Yahoo!ショッピングで探す

↑なかでも、10型と明記されている業務用消火器が必要です。

露店営業を取得される方は、マルシェやお祭りのような大規模なイベントに出店される方がほとんどでしょう。

イベントの場合、開催規定として「消火器」の設置を義務付けるところが多いので、必ず1本は持っておくべきですね。

テント内の設備・備品のレイアウト

以上が露店営業許可で必要になる設備となります。

ひとつでも不足していると許可は取れません。(消火器以外のすべてが必要)

確実に用意できるようにしましょう。

最後に、備品をテント内にどのように配置すればいいのか、その具体例をご紹介しておきます。

YUKO所長
YUKO所長
営業許可の申請当日はテントや物品をセッティングし、保健所職員のチェックを受ける必要があります。
露店営業許可に必要な設備・物品の配置

テント内を上からみた図です。

消火器とLPガスボンベ以外は、許可申請に絶対に必要なもの。

当日は忘れ物の無いように準備し、当該保健所で許可申請に臨みましょう!