露店・屋台の始め方

屋台・露天商・露店販売の8つの疑問を徹底解説!

こんにちは♪クレープ移動販売店オーナーのYUKO です☆

 

今日は露店・屋台・テント販売を検討されている方がもつ疑問質問を、Q&A方式で解説していきたいと思います。

 

質問の内容は下記の8つ。

Q1:屋台を開業するにあたり、何から始めたらいいのか分かりません。
Q2:露店商組合の登録は必要ですか?
Q3:露店・屋台販売でどうやったら儲かりますか?
Q4:露店販売で一番大変なことは何ですか?

Q5:お弁当や菓子、パン、和菓子もテントで販売できますか?
Q6:露店の許可なしで営業・販売するとどうなりますか?
Q7:道路での露店販売・屋台は可能ですか?
Q8:スーパーや空きスペースでの出店販売は可能ですか?

 

これから開業される方は是非参考にしてみて下さい☆

屋台・露店の開業に必要な許可・資格については、こちらの記事↓で解説しています。

参照:屋台・露天商・露店販売の許可と資格を取る方法

Q1:屋台を開業するにあたり、何から始めたらいいのか分かりません。

 

屋台営業に限らず、移動販売でも店舗販売でもまず最初に決めるべきは「商品」です。

 

何を売るのか。

 

これが決まっていないと、

・売上げの予測がつけられない

・必要な調理器具を揃えられない

・開業費用を見積もることができない

などなど。とにかく話が前に進みません。

 

保健所で許可を取得しようにも、商品によって規定が変わる場合があるので保健所担当者もアドバイスのしようがありません。

 

商品さえ決まれば、後は少しづつ前に進めていけるはずですので最初はそこから初めてください。

 

商品決定後どうやって進めていけばいのかについては、下記の記事で詳しく解説しています♪

 

参照:移動販売の始め方|絶対に失敗しないための12の工程とは?

 

Q2:露店商組合の登録は必要ですか?

 

花火大会など各地で開催される大規模な催し物で見かける、いわゆる「屋台」として出店する場合には露天商組合への登録が必要となります。

 

露店商組合は全国に存在し、その組合ごとに出店エリア(縄張りみたいなもの)が決まっているのです。

 

通常大規模なお祭りでは歩行者天国になる場合が多いですが、その道沿いに出店するためには警察署に「道路使用許可」を申請する必要があります。

 

・お祭りなどの出店場所の斡旋

・保健所許可取得代行

・警察への道路使用許可取得代行

など、出店に必要な手続きを代行してくれるのが露天商組合なのです。

 

こういったお祭りの場所に個人で屋台を出す場合は、「そのお祭りの主催者」に許可をもらう必要があると思います。現実的には難しいと思いますので、どうしてもその催しものに出店したい方は組合への登録を検討されるといいかもしれません。

 

ですが、組合側としてもわざわざ組合内部で競合を増やすようなことはしたくないはず。簡単に加盟できるとは思えませんね。

 

私はそのような組合にはもちろん加入していませんが、一昔前の屋台と今のテント販売は全く異質のものになってきていることを考えると組合に加盟する必要は全くないと思っています。

 

屋台のイメージと需要の変化

 

まだまだ屋台の出店は各地で見られますが、ここ数年の開業ブームで増えたテント形式での飲食出店オーナーのイベント進出もかなりの勢いで増えていると感じています。

 

地元の飲食出店者を優先させたり、地元にちなんだ商品を販売している人を優先するなどの動きがみられるようになっているからです。

 

また消費者としても、おしゃれでクオリティの高い飲食店を選びたいのは当然です。

 

実際に私達移動販売オーナーの横で販売されている、屋台の方が大量の売れ残りを抱えて片付けをされている様子を目の当たりにしたことも多々あります。

 

このように、今の屋外飲食販売店は圧倒的にクオリティが高くなってきています。

 

これから開業されるなら、一昔前のいわゆる「屋台」のクオリティを目指すのではなく、既存のイメージに縛られない多種多様なメニューを取り扱うオシャレなテント販売店を目指すべきです。

 

この点でも露天商組合の登録には全く必要性を感じませんし、お勧めしない理由として書き添えておきます。

 

組合自体は「露天商組合」で検索するといろいろ出てきますので、必要な方はご覧になってみてください☆

 

Q3:露店・屋台販売でどうやったら儲かりますか?

露店販売形式で一番のメリットは、めちゃくちゃ簡単に、且つ安価で開業できてしまうところ。

 

露店販売で儲かっている人は、この点を活かして多店舗展開することでより多くの売上げに繋げています。

 

キッチンカーの開業も飲食店の開業の中では圧倒的に安い費用で開業できますが、それでも200万~400万程度はかかってくると思います。

 

テント販売形式はと言いますと、数万円~数十万の範囲で十分開業できるはず。

 

設備費用を極限までそぎ落とし、簡易な設備で調理販売できることが露店販売の一番のメリットです。

 

開業費用が安いので、例えば1店舗と言わず、バイトを雇って2店舗3店舗と増やしていくことが簡単にできてしまいます。

 

少ない投資でより多くの売上げに繋げることが、露店販売で儲けるポイントになりますね。

 

Q4:露店販売で一番大変なことは何ですか?

①テントの風対策

テントの風対策は意外と重要なポイントになります。

 

強風で調理用の火が消えてしまったり、テント自体が壊れたりします。まともに営業できない状況になりかねません。

 

対策を打つにも限界がありますので、個人的には雨よりも厄介な問題だと感じています。

 

キッチンカーだとそんなことはありません。車両というしっかりした作りに囲われた中での調理販売なので、風雨でもほぼ支障なく販売できます。

②搬入と搬出

そしてなんといっても一番大変な作業がこれ。

 

キッチンカーの場合だと開店準備がめちゃくちゃ楽なんです。調理器具は全てセッティングされた状態で現地に到着するので、現地での準備はごく最小限で済むから。

 

ところが露店販売の場合には全くの一から販売準備をしないといけません。

 

その分朝の出発時間は早く、帰りは遅い。毎回毎回、重たい調理器具を車から積み下ろしする作業が伴います。

 

風対策と、現地での重労働、準備時間のロス・・・。

 

これらのデメリットが大きいので、最初はテント販売として開業された方でも結局は後からキッチンカーを製作されますね。(私もそうでした^^)

 

参照:移動販売の保健所許可と資格の全行程|設備・申請のすべてを教えます

 

本業として継続していくならキッチンカーでないと続かないと思いますが、やってみないと分からない部分もありますので、とりあえずはテント販売でいろいろ経験を積んでみてください。

 

Q5:お弁当や菓子、パン、和菓子もテントで販売できますか?

お弁当や焼き菓子、サンドイッチ、パンや焼き菓子のような調理済みの商品を販売することは可能です。

 

ですがこれらは現地で調理するものではないので、露店営業許可証ではなく、調理施設を構えて施設の営業許可証を取得する必要があります。

 

自宅を改装するとか、増設するとか、お店の一角を借りるなど、方法はいろいろ考えられますが、どちらにしても露店営業よりも開業費用としては高額になることは間違いないと思います。

 

施設の許可取得の方法についてはこちらの記事↓で詳しく解説していますので、必要な方はお目通しください。

参照:菓子やパンの販売に♪保健所の資格と許可の全手法

Q6:露店の許可なしで営業・販売するとどうなりますか?

 

販売する商品や販売する機会の多い少ないに関わらず、許可は絶対に必要な物です。それを取得せずに販売した場合「食品衛生法違反」となり、罪に問われます。

 

許可なしでの食品の販売が認められるのは、ジュースなどの飲料(アルコールは不可)を開封せずにそのままお客さんに販売する場合くらい。

 

野菜の販売ですら、半分にカットして販売するだけで営業許可証が必要になるくらいなのですから、手作りのお菓子の販売には絶対に営業許可証が必要なのです。

 

ちょっとだけなら・・・と安易に無許可で販売を行うのはやめましょう。

 

Q7:道路での露店販売・屋台は可能ですか?

時々ゲリラ出店されている方もいらっしゃるかもしれませんが、本来であれば警察署で道路使用許可申請をしなければ出店できません。

 

ヤクザ屋さんからどうのこうの言われるとか言われないとか・・・。

 

とにかく、基本的には道路や公共施設での無許可出店はやめた方がいいですね。

 

Q8:スーパーや空きスペースでの出店販売は可能ですか?

 

許可された場所での出店は、キッチンカー同様に出店可能です。

 

またイベントやフェス・手作り市など、最近は多様な場所で出店できるようになりました。

 

出店場所を探す方法についてはこちらで詳しくご紹介しています。

[btn href=”https://inuiyuko.com/event_recruitment_information/” class=”cubic1 accent-bc”]出店募集情報まとめ[/btn]

キッチンカーがメインの記載になっていますが、主催者の許可さえあればテント販売も全然可能です♪

 

お好みに合わせてどんどんエントリーしてみてくださいね。

 

 

 

 

スポンサードリンク