移動販売の許可と資格

飲食店・カフェで必要な食品衛生責任者|取得方法と費用を解説

移動販売・飲食店に必要な食品生成責任者証の取得方法・料金

 

この記事では、

 

すべての飲食業に必要な「食品衛生責任者証」の取得方法と費用

 

について、詳しく解説してきます。
YUKO
YUKO
こんにちは♪クレープ移動販売店オーナーYUKOです!

今回は食品衛生責任者証の取得に必要な要件や料金について、具体的に解説していきたいと思います。

食品衛生責任者証とは?

すべての飲食店・食品製造所に必ず一人配置することが義務付けられている資格

保健所の営業許可証が「建物・設備」に対する許可であるのに対し、この食品衛生責任者証は、「人」に付与される許可です。

 

飲食業の開業には、各店舗に必ず一人「食品衛生責任者証」をもった、現場責任者を配置することが義務付けられています。

 

ただし、既に下記の資格を持っていらっしゃる場合、この許可証は免除されます。

・栄養士
・調理師
・製菓衛生師
・と畜場法に規定する衛生管理責任者
・と畜場法に規定する作業衛生責任者
・食鳥処理衛生管理者
・船舶料理士
・食品衛生管理者、もしくは食品衛生監視員となることができる資格を有する者

出典:東京都保健福祉局

食品衛生責任者証は各店舗に一人でOK

またこの責任者証は、そのお店の中で誰か一人が取得していればOK。

 

例えばご夫婦で開業される場合はどちらか一人が取得すればいいですし、家族やその他のバイトさんが取得する必要はありません。

日本全国共通の資格

一度取得した責任者証は、日本全国どこでも通用します。

 

例えば移動販売の場合だと、東京都で取得した責任者証を埼玉県で提示すれば、新たに取得することなく資格保有者として認められるということです。

食品衛生責任者証の取得方法と費用

取得方法

「食品衛生責任者」は各都道府県の食品衛生協会が開催する「食品衛生責任者養成講習会」に参加することで自動的に付与されます。

食品衛生責任者証食品衛生責任者証

 

食品衛生責任者証を持っていない方は、保健所で営業許可証を取得する際に、必ず講習会に参加するよう案内されるはずです。

講習場所・内容

講習会の内容は下記のとおり↓。

  • 公衆衛生学1時間
  • 衛生法規2時間
  • 食品衛生学3時間合計6時間

講座は年に数回しか開催されていませんので、開催日が近づいたら、受講該当者全員に案内が送られてくる仕組みになっているようです。(京都府はそうでした。)

都道府県単位で活動しているみたいで、詳細は少しづつ違うかもしれません。

 

講習会の開催場所についても、都道府県ごとに違います。保健所に問い合わせるか、都道府県の食品衛生協会に確認してください。

取得費用

料金
食品衛生協会会員7000円
非会員10000円

講習会に参加するには、上記のとおり参加費が必要です。

 

個人的には将来的なことも考えて、この時点で「食品衛生協会」に入会しておくことをおすすめします。

 

というのも、衛生協会は飲食業にとって欠かせない「生産物賠償責任保険(PL保険)」を個人事業主でも加入しやすい価格で提供してくれているからなんです。

PL保険も忘れずに加入しておこう!

以上で食品衛生責任者証の取得についての解説は終わりですが、最後にPL保険についても触れておきますね。

 

食品衛生協会では「安心フード君」という賠償責任保険を取り扱っています。

あわせて読みたい
PL保険は「安心フード君」がオススメ!個人で加入する方法。飲食店開業前に加入しておきたい「生産物賠償責任保険(PL保険)」。この記事では個人事業主でも安価で加入できる、「安心フード君」の加入方法や具体的な保険料について、詳しく解説しています。...

この保険には私も加入していて、私のような個人移動販売店オーナーでも気軽に加入できる手ごろな保険として人気があるのですが、衛生協会会員になっていなければ加入できません。

 

飲食業に携わる場合、何かしらの賠償保険に加入することになると思います。

 

まだ決まっていない方はPL保険は「安心フード君」がオススメ!個人で加入する方法。で詳しく解説していますので、こちらも是非参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク