失敗談・成功談から学ぶ

【体験談】移動販売は儲かる?開業から失敗に至った経緯。

一生懸命準備していても、残念ながら「廃業」に追い込まれる場合だってありますよね。。。

 

今回は私があるきっかけでご縁をいただいたY様より、移動販売廃業に至った貴重な経験をQ&A方式にて伺うことができましたのでシェアしたいと思います。

 

お名前等プライバシーに関しては、ご本人の意向により、伏せさせていただきます。

関連記事:移動販売(キッチンカー)で失敗する人の共通点5つ。

移動販売開業から廃業までの経緯とは・・・?

 

Q1;初期費用として用意された合計金額と、車両製作に掛かった費用(車両本体費用も含む)を教えてください。

車両代とか許可とかもろもろで約350万 その他の初期費用は当時あまり計上してませんでした。 (その他では10〜15万くらいですかね〜^_^;)

Q2:車種は何ですか?

スズキのキャリー(荷台を改造し、立って調理販売できるタイプ)

Q3:商材は何ですか?

ドーナツ、たこ焼き(揚げタコ)、弁当、コロッケ、ハンバーガー などなど。結構いろいろとやってました。 (販売先のリクエストに合わせるって感じです)

Q4:主な出店先を教えてください。

スーパーや市場の前、パチンコ屋の前、週末や特別期間でのイベントなど

 

Q5:開業されたきっかけ、動機、理由などを教えてください。

人と触れ合う商売がもともと好きだったからですかね。 あとは当時店舗でも商売してたんですけれど、あまりお客さんが来なくて 移動販売なら人のいるところで商売ができるかなぁっと思ったからです。

 

Q6:開業を決意されてから、実際に開業されるまでの準備期間を教えてください。

だいたい2〜3ヶ月くらいでしたかね。(だいたいです)

Q7:実際に開業されて、一番苦労された点を教えてください。

販売先、特に平日での販売先を探すのにとても苦労しました。 あとはお金をどう回すか、下手だったんで最終的に閉店しましたけど(笑)

Q8:「このことを知っていればもっとうまくいったかもしれない。」と思われる点はありますか?

思考的に 「人がいるところに行けばもっと売れるかもしれない」 と思ってましたが、その精神が良くなかったのかもしれません。

「行くお店にも喜ばれて、人が集まるような移動販売」 を目指すべきだったと思います。

完全に立場が販売先などに対して下手でへりくだってましたから(笑)

あとは金銭的にも余裕がなかったんで当時焦りはあったと思います。

 

Q9:開業される前と開業された後で、移動販売(キッチンカー)に対する認識で変わった点がありましたら教えてください。

 

⑧と重複すると思いますけれど、そんなに甘くはなかったってことでしょうか(笑)

店舗営業と比べてどうだったかといえば ・後片付けが大変 ・仕入れ(特にイベント)の読み ・日々の販売と新規販売場所探しなどの営業との両立 ・新商品(季節に合わせた)で移動販売でも可能なものを作る

ここら辺はやってみて苦労したかなぁって思います。 (まだまだありそうですけど、とりあえず思いつき)

 

Q10:開業~撤退されるまでの期間はどのくらいですか?

約3年ほど。

 

お話を伺って思うこと

いやあ・・・大変だったんですね・・・。

ここにはあえて内容を掲載していませんが、ご本人は「廃業する際にも周りの人にいろんな迷惑を掛けてしまって大変でした。。」というお話をされていました。

 

確かに移動販売は低資金で開業できる飲食業の形態ではありますが、やはりそこは一つの仕事としての独立・開業としての厳しさがあるんですよね。

 

何でも販売できる移動販売店のメリットとデメリット

 

「ドーナツ、たこ焼き(揚げタコ)、弁当、コロッケ、ハンバーガー などなど。結構いろいろとやってました。 (販売先のリクエストに合わせるって感じです)」

 

お客さんの要望に臨機応変に対応できるというのは、移動販売にとってめちゃめちゃ強みですよね。

 

過去に私がイベント出店に応募した際、「クレープ屋さんは他のお店ですでに確定しているので、クレープ屋さんはこれ以上受付できません。」って言われ、断られた経験があります。

 

またクレープは夏場は全然売れなくなります。

 

こんな時にでも臨機応変にメニューを変更できるお店は、出店のチャンスを逃すことなく営業していけるという強みがあります。

 

逆にデメリットはと言いますと、主力商品が決まっていない場合「なんでも屋さん」になってしまい、お客さんに認知してもらえなくなってしまう点が挙げられます。

 

ドーナツ、たこ焼き(揚げタコ)、弁当、コロッケ、ハンバーガー ・・・を販売されているお店のハンバーガーと、ハンバーガー専門店のハンバーガー。

 

どちらが食べたいかと言われるときっと皆さん「ハンバーガー専門店のハンバーガー」だといわれるでしょうし、認知度が高いのも後者の方かと思います。

 

キッチンカーでは、メインメニューを一つに絞る

 

個人的におススメするのは、「この商品ならどこにも負けない」と言える「とにかく美味しいメニュー」を一つ作ることです。

 

お店の看板・軸・コンセプトとなるそのメニューを一つドンッと据えて、お客さんに「○○○と言えばこのお店!」であると認知してもらう。

 

その主力商品を軸に販売しながら、季節的な売上げの低下をカバーできるような商品を少しだけ取り入れるようにすることで、売上げを安定させながらも「専門店」としての実績を積み重ねていくことができるんじゃないかと思います。

 

私の周りの出店者さんもこんな感じのメニュー構成にされている方が多いですね。

 

どちらにしてもメリット&デメリットって必ずセットで出てくるものだと思いますので、そんな話も参考にしながらメニューを考えてみてください☆

 

最後に

 

移動販売は「人のたくさんいる場所に出向いていける」という、実店舗には無い大きな強みがあります。

 

ですがそれは一つの強みであって、出向いて行った先で売れるか売れないかはまた別の話なんでしょうね。。

 

私も自分の売ってる商品、魅せ方、その他いろんな側面からもっかい見直さないといけないなって思います。

 

更に5年後10年後と継続させていくために、慢心してはいけない…そんな風に感じました。

 

本当に貴重なお話を、ありがとうございました♪

 

スポンサードリンク