移動販売車(キッチンカー)製作

DIYで作ろう!自作の移動販売メニューボードの作り方

 

移動販売には店舗の内装から調理台、その他の備品など、いろんな物品が必要になります。

 

安価でオリジナルの備品が作れるので、私もこれまでにいろいろ自作してきました。

 

そこで今回は私が過去に作った木製メニューボードの制作過程について、写真付きで詳しく解説していきます。

 

何かの参考にしていただけると嬉しいです。

 

移動販売の木製メニューボードの作り方

 

メニュー表-1

 

まずはメニューボード本体部分の切り出しから始めます。ボードの上の方は半円形にしたかったので、結局引き廻しノコギリを使って自分で切りました。

メニュー表-2

私のテキトー裁断でも結構きれいに切れている。これより下の板は直線カットだから、コーナンで60cmにカットしてもらってきました^^

メニュー表-3板の裏側は、こんな風に支柱みたいなのをつけることに。ボンドで固定した後、表から釘を打って固定。

 

釘って・・・・ww

 

 

これを制作した当時の私は、木製品の固定はネジを使うのだということさえも知らず、何の疑いもなく釘を使用した模様・・・。後で父に指摘されて初めて知りました。その後、搬入搬出を繰り返すうちに釘はどんどん緩んで抜けかける始末ww

 

メニュー表-8

 

木製品にはネジを使用!

(↑アンダーライン。テストに出ます。)

 

ワタクシ同様ド素人の方はご注意を。

 

 

私の店舗のディスプレイは、木を基調としたデザインにしているので仕上げにしたかったのでオイルステインを塗ってみた。

 

メニュー表-14
しかも布で・・・wwオイルステインは本来こういう塗り方をするものではないと思うのですが、刷毛で塗るとステインがしみこみすぎて、色が濃くなってしまうからイヤだったのです。

 

メニュー表-5
先に試し塗りをしてみて、真ん中くらいの薄さで塗っていくことに。

 

メニュー表-9

オイルステインを全体に塗り終えたら、CUORE(私の屋号)の木製アルファベットもボンドで貼り付け。

メニュー表-10

 

メニューを吊るすために、Seriaで買ったフックをねじ止めしたりして、ほぼ完成。

 

メニュー表-11

 

あとは、なんていうのかしら?この後ろに広げる部分??も色を塗ってから組み立てて、蝶番2個で固定。鉛筆の線を消しゴムで消した跡とか残っていますが、とりあえずこんな感じのものが完成したのでした。

メニュー表

 

実際にお店のメニュー表として使用した時の画像がコチラ♪

メニュー表-12

それぞれのフックに、クレープのメニュー表(写真立て利用)を吊るして表示しています。因みに手前にある木製の台は、クレープを焼く鉄板・ガスコンロや生地を置いている什器。テントで販売するときはこの什器を使っています。(テント販売用と移動販売車用と、調理台はそれぞれ別々に持っています。)

 

これは今の移動販売車の什器の制作でもお世話になった「工房ねこの家」さんにデザインと寸法だけお伝えして作ってもらった外注品^^さすがに、ここまでになると自分では作れませんからね・・笑)

 

 

皆さんもDIY、是非やってみてください♪オリジナルの備品を作っていく作業はとっても楽しいですよ^^