移動販売車(キッチンカー)製作

移動販売車の内装を固定する3つの手法

 

固定店舗と違って、お店ごと走行する移動販売車は当然、積んでいるものが揺れ動きます。きちんと固定しておかないと走行中に機材が倒れたり落下したり…ということにもなりかねません。

 

っていうか、実際に私は機材の転倒や落下を経験しております(ToT)

 

そこで今回は移動販売車内の物品の固定方法についてご紹介しますので、是非参考になさって下さい。

 

 

床に固定する

クレープを調理する台(木製)は、床に固定しています。

 

DSC_0336

おそらくどんな移動販売車でも、床面にはコンパネが施されているんじゃないでしょうか。私の車にもフローリングマットの下に厚さ10mm程度のコンパネが施されています。

DSC_0998

コンパネですので、穴をあけてネジで固定することが可能です。

 

但し!車検の際にはすべての荷物を車から降ろさないといけないため、車検のたびにネジを緩めて床から調理台を外さないといけない・・・。

 

直接止め付けた床のネジを何回も締め直していると、ネジ穴がバカになってしまいますよね。

 

そこで、この調理台を作ってくださった方が提案してく出さった器具がこちら↓

DSC_0999

なんていう部品なのか・・・名前は分かりません。

 

この器具はコンパネと調理器具それぞれに「ボルトの土台」を止め付けるための器具なんです。ボルトを緩めても土台はそれぞれネジで固定されたままなので、再び固定したい時にはその土台どうしをボルトで繋ぐだけでOK。

 

何度もネジの締め直しが必要な移動販売にはもってこいの器具で、大型の什器を固定する場合には、上手く使えばかなり便利な固定方法になるはずです☆

 

 

側面に固定する

 

私のタイプの移動販売車の場合、車の側面に物を固定するのが結構難しい。

 

移動販売車のキッチン部分はしっかりとした作りにはなっていますが、側面(骨組み以外の部分)に大きな負荷(走行中の左右の揺れなど)がかかると、ボディが歪んでしまいます。

2016-02-16 10.50.02

そんな中でも強度のあるボディの骨組みの部分などを活用して、何とか固定できる方法を見つける必要があるのですが、私が側面に固定しているものの一つが「冷凍庫」。

 

DSC_0339

偶然「いい位置」に存在していた既存のネジ穴を利用して父が作ってくれたオリジナル転倒防止対策。

DSC_0344

もともと存在していたネジ穴ですので、強度のあるフレームにネジ穴があけられています。その強度に頼って固定できている状態なのですが、この状態で1年以上走っていますが今のところ全く問題なく走行できていますし、一度も転倒などはしておりません。

 

DSC_0994

また、今の時期にしか使用していない「かき氷」機があります。と言っても、導入したのは今年の5月ですので、まだ使い始めて日が浅いのですが^^

 

カキ氷機って、想像以上に重い。

 

私の怪力でも積み下ろしをするのは完全に無理でした。重さ20KGの電気クレープ焼き器は一人で持ち運びできますが、重さ32Kgのかき氷機は完全にアウトww

 

旦那さん頼みでの積み下ろしになってしまうので、この時期は販売する予定がなくても車に積みっぱなしにすることにしました。

 

で、固定方法はいたってシンプル。

DSC_0995

これもまた理想の位置に、たまたま存在したネジ穴を使って紐で固定しているだけです。

 

カキ氷機って重心が上にあるので、普通に乗せているだけだと転倒のリスクが大きいです。

ですのでこんな感じで紐を使って、紐がずれないように滑り止めマットも挟んでみたりして固定。

 

このネジ穴が開いているフレームはむちゃくちゃ頑丈なのである程度の負荷がかかっても全く問題ナシ。

 

元々ついているネジ穴を上手く活用して、固定に利用しましょう☆

 

滑り止めマットを敷く

 

先ほどのかき氷機の固定にも使用していますが、このすべり止めマットはCUOREの移動販売車の随所で活用しています。

DSC_0369

例えばクレープ焼き器の下、消耗品の下、その他こまごまとした備品の下には全て敷いています。これがあるだけで小物がガサガサ動くことがありません。

 

安価でめちゃめちゃ優れものですので、滑り止めマットは活用しない手はありませんね^^

DSC_1001

ただし!個人的には100均で買ったものは滑り止めの効果が小さいと感じています。ですのでホームセンターで売っている、そこそこの値段の物を買われた方が無難です。

 

 

最後に

以上が私が行っている、移動販売車内の転倒防止対策ですが、大きな調理器具の固定は結構大変だと思います。

 

どこにどんな大きさの何を置くのかが最初に決まっていれば、車の製作会社さんの方で備品の固定までして下さるところもあると思いますが、納車前にそこまで完璧に計算するのは難しいはず。。。

 

使い勝手も、想像と実際とは違う部分が出てくるでしょうし。

 

最終的な調整はご自身で行うのが無難だと思うんですね。そんな時に参考にしていただけると嬉しいです☆