あなたはいつ開業しますか?移動販売成功の秘訣は「開業時期」にあった!

こんにちは♪クレープの移動販売店オーナーの@YUKOです!

 

今日は移動販売の開業に最も適した時期と、その理由について解説していきます。

 

先に答えを言っちゃうと、移動販売の開業適期は「春か秋」です。

 

「貯金がいっぱいあるので、のんびりやっていけたらそれでいい・・・。」って方はいつ開業しても構いません。

 

ですが、たいていの方は最速で販売を軌道に乗せたいとお考えになるはずです。

 

春か秋に開業することでどんなメリットがあるのか、順番に解説していきますので是非参考にしてみてください。

 

移動販売の売れ行きを左右する最大の条件

移動販売店の売れ行きを大きく左右する条件・・・・それはズバリ、

 

 

 

 

気候です!

 

屋外での販売になりますので気温やその他の環境にものすごく影響を受けます。

 

つまり、

 

1年の中で「売れる時期」と「売れない時期」が明確に分かれるお仕事

 

なわけです。

 

春と秋の過ごしやすい気候の時期が移動販売の繁忙期(売れる時期)となり、夏と冬は閑散期(売れない時期)。

 

まずこの事実を知っておくだけでも、売れない時期の心のダメージは少なくて済むと思います^^

 

気候による影響は商品ごとにさまざま

ただし販売する商品・メニューによって、季節的な売れ行きの良し悪しには違いがあります。

 

こちらをご覧ください↓。

【夏に売れにくい商品(メニュー)】

 

・クレープ、パン、焼き菓子

・回転焼き、鯛焼きなどの和菓子

・ケーキなどの生菓子

・ホットドリンク、スープなど

 

【夏(もしくは暑い日)しか売れないメニュー】

 

カキ氷、アイスクリームなど

 

【オールシーズン売れやすいメニュー】

 

たこ焼きや焼きそばなど

 

甘いお菓子が売れにくいのは、なんとなく分かりますよね。

 

意外にもたこ焼きや焼きそばなんかは、夏でもそこまで売上げが落ち込むことはないと伺いました。食欲が落ちやすい時期ですので売れにくさはあるものの、商売に困るほどではないらしいのです。

 

逆にアイスクリームやかき氷は、夏の暑い時期でないと売れない商品ですし。

 

私達が普段食べ物を買う環境は、温度管理された室内である場合がほとんどです。その感覚で開業してしまうと、実際の売れ行きは全く違うものになってしまいます。

 

・販売する場所が屋外だということが、どういうことなのか。

・屋外で商売をしていくために、どんな工夫が必要なのか。

 

この二つについて、開業前にある程度考えておくことが大切だと思います。

 

気候が人の流れや行動にまで影響する

 

また、イベントが最も多く開催されるのはやはり春と秋です。

 

屋外でも過ごしやすい気候なので、各地でイベントが開催されるようになり、そういったところに人が集まりやすくなります。

 

ただ、夏だから絶対にイベントが開催されないのかと言えば、そんなことはありません。

 

音楽フェスが盛んに開催されるのも夏ですし、海水浴場やアウトドア、夏休みに子供連れでにぎわう観光地・遊戯施設ではかなりの集客が見込める場所となります。

 

開催されるイベントは数が減りますが、その分人の流れは春・秋とは違ったところに集まるようになるのです。

 

人の集まる場所が季節によって変わることも踏まえておくと、出店場所探しも迷わずに進めていけるようになると思います。

 

販売する商品が「最も売れる時期」に開業すること!

このように、季節的な環境によって人の食欲や嗜好・行動は変化しますし、人が集まる場所も変わってきます。

 

メインの商材がクレープなのに、真夏の8月に開業するとどうなるでしょうか?

 

売れませんよね。この事実を知らずに8月に開業しちゃうと、開業初日から大きな壁にぶつかってしまうはずです。

自分の商品が売れない理由が、

・季節的な要因なのか

・自分の商品が悪いのか

・メニューの魅せ方が悪いのか

・開業したばかりだから売れないのか・・・

 

判断ができないと思うんですね。

 

売れない時期に開業してしまうとモチベーションも下がりますし、不安ばかりの毎日で移動販売を楽しむ余裕なんて生まれません。

 

このことからも、移動販売を軌道に乗せるためには「最初に成功を体験すること」が何よりも重要だと言うことがお分かりいただけると思います。

 

まず最初に「成功」を体験する

最初の経験を「失敗」から入ってしまうと、あなたのモチベーションが下がるだけではなく、お客さんにも「売れない店」「人気のない店」として認知されてしまう可能性があります。

 

あなたのお店が季節的な問題で売れていないだけだったとしても、お客さんは、

 

「今は暑いからね~。秋になったら流行るようになるから!ガンバッ♡」なんて思ってくれません。

 

単純に、

「このお店、さては人気ないんだな。」

って思われるのがオチです。

 

そうなると、下の図のような負の連鎖の始まりですよね。。。

 

この↑繰り返しです。

 

「売れる」という成功体験を積むことなく、最初から「失敗のループ」に入り込んでしまうと修正が難しくなってしまいます。

 

開業初心者の方に、めちゃめちゃハードルの高い応用問題が出題されているようなものなのです。

 

しかもこれ、原因が季節なので解決のしようがありません。

 

一方で、「夏と冬は売れにくい」ということを学んだうえで春に開業し、気持ちよく売れていく経験をした人はどうでしょうか?

 

一度成功の体験を積んでいるので、「今思うように売れないのは、季節的な要因もあるんだ。」

 

と原因を正確に突き止めることができます。

 

その上で、

「他の商品に切り替えながら、頑張って乗り越えよう。」

「夏場の対策はどうしているのか、先輩オーナー聞いてみよう。」

 

など、同じ状況をポジティブにとらえて、正確に解決策を見いだせるようになっていくのです。

 

一番売りたいメイン商品が、最初から売れないというのは何度も言いますが本当にキツイと思います。

 

ネガティブなループに陥らないためにも、まずは「成功」の体験を積むことから初めて見てください。

 

そのためには、どんな商品でも売れやすく、販売の機会(=イベント等)の多い「春か秋」に開業されることを強くお勧めします。

 

「閑散期」に車や設備のメンテナンスを

一番忙しい時期はめいいっぱい、稼ぎ倒しましょう。

 

稼いで稼いで稼いで稼いでっ!

 

 

1年分の収入の大半を繁忙期で生み出すつもりで、稼ぎまくったってくださいっ!!

 

そのためには、繁忙期に車や設備のメンテナンスなんてやってる場合じゃないんです。そんなことは、ヒマな閑散期に済ましておきましょう。

 

例えば、

・車検は閑散期に済ませておく。

・キッチンカーの清掃、改良を閑散期に行う。

・経理関係の整理や新メニューの考案を閑散期に行う。

 

などなど、閑散期をうまく利用することができれば、繁忙期の営業がうんとスムーズになりますのでオススメです。

移動販売で成功している人の「共通点」とは?

 

というわけで、今回は「一番売れる時期に開業する事の重要性」についてお話ししました。

 

開業時期を適切に選ぶことがどれだけ重要なのか、お分かりいただけたと思います。

 

そこで次にご覧いただきたいのが、移動販売で成功している人たちの成功の秘訣についてです。

 

私がこれまで出会った人気店の共通点6つを、こちら↓で解説していこうと思います。

次の記事>>>>
6つのポイントで見た、移動販売開業で成功している人の共通点とは?