露店・屋台の始め方

マルシェ・イベントにおしゃれなテント!オススメのテント教えます

こんにちは♪クレープの移動販売店現役オーナーの@YUKOです!

・マルシェに初めて出店するけど、どんなテントを選んでいいのか分からない

・みんなが使っているテントが、どのくらいの値段なのか知りたい

・おしゃれなテントを探してるんだけど・・・

あなたは、こんな疑問を持っていらっしゃいませんか?

そこで今日は、マルシェやフリマなどイベント出店で使用するテントとして、私が一番オススメできるテントをその理由も含めて詳しくご紹介していきたいと思います。

 

さらに!!この記事の最後に『おしゃれなテント特集』も掲載していますので、「とにかくおしゃれなテントにこだわりたい!」という方は必見です!

 

テントでのイベント出店を経験してきた私だからこそ、お伝えできるポイントが満載っ!

 

失敗のないテント選びの参考になさって下さい。

わたしが使っているテント

 

私が使っているテントはこちら↑。

 

組み立て後のサイズが2.5m×2.5mの大きさで、丈夫で使い勝手がいい!

 

このテントの性能の良さは旧モデルから変わっておらず、初めて購入する方に一番おすすめできるタープテントだと思っています。

 

なぜこのテントがオススメなのか、その6つの理由についてご説明しますね♪

 

理由その1:カラーバリエーションが豊富

 

現在はキッチンカーでクレープの販売を行っていますが、それまではテントを使った露店形式でイベントに出店していました。

 

テント販売で使用する調理台は木製なので、お店のイメージを壊さないように、数ある色の中から茶色のテントを選択したんですね。

 

いろんなカラーがあるので、自分の見せたいイメージにマッチしたテントを選ぶことができます。

 

このブログで何度も書いていますが、やはりお店の「見た目」はかなり重要です。

 

どうせ買うなら、より自分のお店を魅力的に見せてくれるものを選びたいものです^^

 

理由その2:軽くて丈夫なフレーム

同じワンタッチタープテントの中でも、中にはフレーム自体がものすごく細くて折れやすい物があるんですね。

 

風がないときや、レジャーでごくたまに使用する程度であればそれでも大丈夫。

 

でもマルシェやイベント出店というお仕事で使用することを前提に考えると、それらの商品では少し頼りない気がします。

 

さすがに台風並みの風が吹いている時には使えませんが、フレーム自体に太さと強度があるこのテントは少々の風では壊れません。

 

但し、正しい使い方と固定をしっかり施した上で発揮される強度だと思いますので、特に強風時の固定については忘れずに行うようにしましょうね☆

 

超重要マルシェ・イベント出店で使用するテントを「一人」で設置する方法と風対策について

 

理由その3:UVカット素材で夏でも快適

UVカット素材のテントですので、夏場のテント販売の際にはより快適に過ごすことができます☆

遮光性があるテントと遮光性のないテントの違いは想像以上に大きいもの。

 

移動販売車が完成した今でもレジャーで使うこともできますし、子供の夏の屋外遊びの熱中症対策としてこのテントを設置できるので、めちゃめちゃ重宝しています。

 

理由その4:壊れた部品の単品購入が可能

 

マルシェやイベントで使用する場合、強風でテントが壊れることが絶対に無いとは言い切れません。

 

午前中無風だったために固定をせず販売していたところ、午後から急に強風が吹き始めてテントが飛ばされ、フレームが折れてしまう・・・なんてことも結構あるんです。

 

そんな時に、壊れた部品を単品で購入できるサービスが付いているのも、このテントの嬉しいところ。

ものよっては部品購入ができず、壊れた場合は新品を買い直すしかない場合もあるんです。

 

最小限の修理費用で済むFIEDDOORのテントは、仕事で使用する私たちにとってありがたい商品。

 

FIEDDOORのこちらのページから、必要なパーツごとに注文が可能です。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/smile88/tarptent/

 

 

理由その5:イベント出店の出店場所の規格に合っている

 

マルシェやイベントに出店する場合、1ブースの大きさは2.5m×2.5mと、どこでもほぼ決まっています。

 

出店料も2.5m×2.5mの大きさに対して○○○円という設定です。

 

仮にこの大きさよりもテントが大きい場合、その大きさに応じて割増料金を払わないといけなくなるはずです。

 

たとえば1ブース.5m×2.5mの出店料が5000円の場合、5m×5mのテント(そんなテントがあるのかどうか分かりませんが)で販売するとなると、倍の10000円を支払わないといけないはずです。

 

この点でも、私の持っているテントは大きさにマッチしており、どんなイベントやマルシェでも難なく使用できています。

 

理由その6:サイドシート(別売り)がある

私の場合はテント本体に加えて、側面を囲うための横幕(サイドタープ)を追加で購入しています。

 

これには理由が2つあって、一つ目の理由としては保健所で定められた営業許可基準を守るため。

参照:露天商・屋台・露店などテント販売の許可と資格を取る方法

テントで食べ物を調理販売する場合には、テントの正面以外の三方を横幕で覆うことが義務付けられています。

 

そして2つ目の理由は、ガス火が風で煽られて、立ち消えしてしまうのを防ぐためです。

 

例えばクレープは弱火で焼きますので、ちょっとの風でもすぐに火が消えてしまいます。

 

開業前の方は雨対策には気を配られますが、風の影響がどれほど調理や販売そのものに影響を及ぼすのか、考えていらっしゃいません。

 

とにかく、やってみたら分かります。多分あなたの想像の10倍くらい風対策って大変です。

 

特にガス火を使うのであればしっかりと対策しておかないと危険!それも兼ねてテントの三方を覆うことは有効な風対策になります。

 

また、物販の方でも雨の日の出店では、横幕がないと陳列した商品が濡れてしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

これらの点でも、各サイズごとに横幕が用意されているFIERDOORのテントはイベント出店に最適だと思うのです。

 

サイズ別「FIERDOOR製品」のご紹介

と、ここまででFIERDOOR軽量アルミタープをお勧めする理由について解説してきました。

 

選びやすいように下記にサイズ別にリンクを貼っていますので、比較検討してみてください♪

 

FIERDOORアルミタープテント:2.0m×2.0m

2.0m×2.0mの物をお探しの方はこちら♪

 

以下、別売りサイドシートです。

FIERDOORアルミタープテント:2.5m×2.5m

2.5m×2.5mの物をお探しの方はこちら♪

 

別売りサイドシートです↓。

FIERDOORアルミタープテント:3.0m×3.0m

3.0m×3.0mの物をお探しの方はこちら♪

 

以下、サイドシートです。

 

2.5m×2.5mテントのそのほかの商品

現行モデルのFIERDOOR2.5m×2.5mサイズだと、カラーバリエーションが極端に少なくなってしまうようですね。

 

これだと選択肢があまりに少なすぎるので、他のメーカーの物も合わせてご紹介しておきます。

 

サイドシート別売り(?)で用意されているようなので、マルシェ・フリマ用としての検討の余地はありそうです。

 

おしゃれなテント特集!

ワンタッチテントは、オススメしたFIERDOORの商品以外にもいろいろ販売されています。

 

ですがFIERDOORに限らず、素材自体がナイロンでできているためか、ビビットカラーのテントばかり。。。

 

マルシェやイベントで使用するときには、やはり色にもこだわりたいですよね。

 

お店のイメージを崩さない、貴重なナチュラルカラーのテントがいくつか販売されていますので最後にご紹介しておきます。

 

こちら↓の商品は割と色も控えめの茶色。

「オレンジ」と表記されていますが、かなり茶色に近い色味だと思います。

 

お店の商品の邪魔をしない、オシャレな色ですね。ただし、大きさが3.0m×3.0mの規格しか販売されていないようです。大きさの点で妥協できる場合は、選択肢としてアリですね。

 

オフホワイトっぽいカラーのこんな↑↑テントもありました!ですが、こっちは逆に小さくて2.2m×2.2m。何気にテント右上のロゴマークがオシャレなところは魅力です♡

 

最後はこちら↑↑。このテントの形は私も始めて見ましたが、めちゃめちゃオシャレですね♪見た瞬間テンション上がってしまいました><♪

 

性能などは分かりませんが値段も1万円ちょっとでお安いです。

 

多分横幕は張れないので、飲食ブースには不向きだと思いますが、物販の方ならこのテントはかなりお客さんの目を引くデザインとして大活躍なのではないかと思います!

出店先は確保できてる?

以上、マルシェやイベント出店で使えるワンタッチタープテントのご紹介をしました。

・カラーバリエーションが豊富
・軽くて丈夫なフレーム
・UVカット素材で夏でも快適
・壊れた部品の単品購入が可能
・イベント出店の出店場所の規格に合っている
・別売りサイドシート(横幕)が用意されている

この6つのおすすめポイントを参考にしていただき、是非お気に入りのテントを見つけてみてください。

 

ところで、テントやお店の構想、商品づくりに夢中になって出店先の確保が後回しになってしまっていませんか?

 

どんなにいい商品・いいお店だったとしても、売る場所がなければそれをお客様が手にすることはできません。

 

このサイトでは出店先を探す方法として、『出店募集情報まとめ』のページを開設しています。

 

たくさんある情報を見逃さずにキャッチしていただける便利なページですので、そちらもぜひご活用くださいね☆

 

それでは、また^^

スポンサードリンク