マルシェ・イベント出店でフル活用!私のオススメNO.1のテントはこちらっ!

こんにちは♪クレープの移動販売店現役オーナーの@YUKOです!

・マルシェに初めて出店するけど、どんなテントを選んでいいのか分からない

 

・みんなが使っているテントが、どのくらいの値段なのか知りたい

あなたは、こんな疑問を持っていらっしゃいませんか?

 

現在は移動販売店として車でクレープの販売をしている私ですが、過去にはテントでの販売を行っていた時期もあります。

 

ですので一般的にイベントやマルシェではどんなテントが使われているのか。値段の相場や使用感、現場での使い勝手の良さなどいろいろ経験済み!

 

そこで、今日はマルシェやイベント出店で使用するテントとして、私が一番オススメできるテントをその理由も含めて詳しくご紹介していきたいと思います。

わたしが使っているテントはこちら

 

私が使っているテントはこちら☆

*こちらのテント、購入当時はダークブラウンの2.5m×2.5mの物があったのですが、今見てみると色とデザインによって大きさが2.0m四方の物と、2.5m四方のものの2サイズがあるようです。

購入の際は商品の色と大きさの確認をお願いします。

 

以前同じシリーズの旧タイプの物を使用していましたが、本当に使いやすかったので最新版のこちらの商品をリピート買いしました。

 

なぜこのテントがオススメなのか、ご説明しますね♪

 

理由その1:カラーバリエーションが豊富

私が使用する什器は木製なので、お店のイメージを壊さないように茶色のテントを選択しました。

 

これだけ豊富なカラーがあるので、自分の見せたいイメージにマッチしたテントを選ぶことができます。

 

このブログで何度も書いていますが、やはりお店の「見た目」はかなり重要です。

 

どうせ買うなら、より自分のお店を魅力的に見せてくれるものを選びたいものです^^

 

理由その2:軽くて丈夫なフレーム

同じワンタッチタープテントの中でも、中にはフレーム自体がものすごく細くて折れやすい物があるんですね。

 

風がないときや、レジャーでごくたまに使用する程度であればそれでも大丈夫。

 

でもマルシェやイベント出店というお仕事で使用することを前提に考えると、それらの商品では少し頼りない気がします。

 

さすがに台風並みの風が吹いている時には使えませんが、フレーム自体に太さと強度があるこのテントは少々の風では壊れません。

 

但し、正しい使い方と固定をしっかり施した上で発揮される強度だと思いますので、特に強風時の固定については忘れずに行うようにしましょうね☆

 

超重要マルシェ・イベント出店で使用するテントを「一人」で設置する方法と風対策について

 

理由その3:UVカット素材で夏でも快適

UVカット素材のテントですので、夏場のテント販売の際にはより快適に過ごすことができます☆

遮光性があるテントと遮光性のないテントの違いは想像以上に大きいもの。

 

移動販売車が完成した今でもレジャーで使うこともできますし、子供の夏の屋外遊びの熱中症対策としてこのテントを設置できるので、めちゃめちゃ重宝しています。

 

理由その4:壊れた部品の単品購入が可能

 

マルシェやイベントで使用する場合、強風でテントが壊れることが絶対に無いとは言い切れません。

 

午前中無風だったために固定をせず販売していたところ、午後から急に強風が吹き始めてテントが飛ばされ、フレームが折れてしまう・・・なんてことも結構あるんです。

 

そんな時に、壊れた部品を単品で購入できるサービスが付いているのも、このテントの嬉しいところ。

ものよっては部品購入ができず、壊れた場合は新品を買い直すしかない場合もあるんです。

 

最小限の修理費用で済むFIEDDOORのテントは、仕事で使用する私たちにとってありがたい商品。

 

FIEDDOORのこちらのページから、必要なパーツごとに注文が可能です。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/smile88/tarptent/

 

 

理由その5:イベント出店の出店場所の規格に合っている

 

マルシェやイベントに出店する場合、1ブースの大きさは2.5m×2.5mと、どこでもほぼ決まっています。

 

出店料も2.5m×2.5mの大きさに対して○○○円という設定です。

 

仮にこの大きさよりもテントが大きい場合、その大きさに応じて割増料金を払わないといけなくなるはずです。

 

たとえば1ブース.5m×2.5mの出店料が5000円の場合、5m×5mのテント(そんなテントがあるのかどうか分かりませんが)で販売するとなると、倍の10000円を支払わないといけないはずです。

逆に小さいと、支払う出店料は同じなのに販売スペースが狭くなるので損ですよね。

 

この点でも、このテントは大きさにマッチしていますのでどんなイベントやマルシェでも難なく使用できています。

 

このテントに限らず、とりあえずタープテントの大きさは2.5m×2.5mにしておくのがベターだと思います。

 

マルシェ・イベントで使えるナチュラルカラーのテント

ワンタッチテントは、私がオススメする商品以外にもいろいろ販売されているのですが、マルシェやイベントで使用するときには、やはり色にもこだわりたいですよね。

 

この写真みたいなナチュラルカラーは、お店のイメージを崩さないので何とかご紹介したいところ・・・。

 

ですがテントの素材自体がナイロンでできてますし、ビビットカラーのテントばかりなのでナチュラルカラーはほとんどありません。

 

それでも探してみたところ、こちら↓の商品は割と色も控えめの茶色。

↑↑お店の商品の邪魔をしない、オシャレな色ですね。ただし、大きさが3.0m×3.0mの規格しか販売されていないようです。大きさの点で妥協できる場合は、選択肢としてアリだと思います。

 

オフホワイトっぽいカラーのこんな↑↑テントもありました!ですが、こっちは逆に小さくて2.2m×2.2m。何気にテント右上のロゴマークがオシャレなところは魅力です♡

最後はこちら↑↑。このテントの形は私も始めて見ましたが、めちゃめちゃオシャレですね♪見た瞬間テンション上がってしまいました><♪

 

性能などは分かりませんが値段も1万円ちょっとでお安いです。

 

多分横幕は張れないので、飲食ブースには不向きだと思いますが、雑貨販売の方ならこのテントはかなりお客さんの目を引くデザインとして大活躍なのではないかと思います!

 

屋外での調理販売に「風対策」は必須です!

私の場合はテント本体に加えて、側面を囲うための横幕(サイドタープ)を追加で購入しています。

 

これは保健所で定められた基準を守るためという理由もありますが、それ以外にもう一つ理由があるんですね。

 

それはガス火が風で煽られて、立ち消えしてしまうのを防ぐため。

 

例えばクレープは弱火で焼きますので、ちょっとの風でもすぐに火が消えてしまいます。

 

開業前の方は雨対策には気を配られますが、風の影響がどれほど調理に影響を及ぼすのか、考えていらっしゃらない方がほとんどです。

 

とにかくやってみたら分かります。多分あなたの想像の10倍くらい風対策って大変です。

 

ガスを使うのであればしっかりと対策しておかないと危険ですからね。それも兼ねてテントの三方を覆うことは有効になります。

*こちらのテント、購入当時はダークブラウンの2.5m×2.5mの物があったのですが、今見てみると色とデザインによって大きさが2.0m四方の物と、2.5m四方のものの2サイズがあるようです。

購入の際は商品の色と大きさの確認をお願いします。

 

もちろん、私オススメのFIERDOORのテントには、別売りで横幕が販売されています。

 

最後に

以上、マルシェやイベント出店で使えるワンタッチタープテントのご紹介をしました。

 

いろんな商品がありますが、今回ご紹介したテントの使い勝手には本当に満足しています。

・カラーバリエーションが豊富
・軽くて丈夫なフレーム
・UVカット素材で夏でも快適
・壊れた部品の単品購入が可能
・イベント出店の出店場所の規格に合っている

この5つのおすすめポイントを参考にしていただき、是非お気に入りのテントを見つけてみてください。

 

次の記事>>>>

マルシェ・イベント出店だけじゃない!?|移動販売でテントを120%活用する方法5つ